チームラボ、茨城の偕楽園で開園180年でインタラクティブなアート空間を演出

イベント

2021/12/09 14:00

 チームラボは2022年2月1日~3月31日の期間、「チームラボ 偕楽園 光の祭 2022」を偕楽園(茨城県水戸市)にて開催する。チケットの価格は、大人が1800円、中高校生が800円、小学生以下が無料で、2022年1月上旬の発売を予定している。
 

「チームラボ 偕楽園 光の祭」の開催イメージ

 「チームラボ 偕楽園 光の祭」は、時期によってさまざまな種類の梅が変わりながら咲き渡る春の偕楽園を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変えるイベント。会場では“長い生命の連続性”の表現を試みた全8作品を公開する。

 同イベントでは、「自立しつつも呼応する生命と呼応する大杉森」「Walk, Walk, Walk - 孟宗竹林」「生命は連続する光 - 梅林」などの作品が展示される。
 
自立しつつも呼応する生命と呼応する大杉森
 
Walk, Walk, Walk - 孟宗竹林
 
生命は連続する光 - 梅林

 開催時間は18時~20時30分で、最終入場は20時。

オススメの記事