ワークマン、ビジネス・アウトドアで使える本格キャリーバッグ発売

新製品

2021/10/27 11:30

 ワークマンは、同社初となるキャリーキャンパーやビジネスにも使える本格的多機能キャリーバッグ「マルチユースキャリーバッグ」を、ネット販売システムで販売開始した。価格は9800円。オンラインストアで注文、指定の店舗で受け取ることができる。

ワークマン初の本格的多機能キャリーバッグ
「マルチユースキャリーバッグ」

 新商品は、ワークマン公式アンバサダーで旅YouTuberのうめのさんが開発協力した本格仕様のキャリーバッグ。7月末に販売を開始した、うめのさん開発協力のタフ旅リュックこと「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」は、発売2カ月で1万点の販売を記録したという。今回の「マルチユースキャリーバッグ」も「住所移動無飾」でチャンネル登録数が2万6000人もいる、うめのさんのこだわりが詰まった商品となっている。今回は1000個限定での発売となる。
 
ワークマン公式アンバサダーで旅YouTuberのうめのさんが開発協力

 マルチユースキャリーバッグの主な特長は、年間300日も旅をする「旅のプロ」が開発協力した、ビジネス、趣味でも使えるワークマン初となる本格キャリーバッグ。急な雨でも安心の防水生地を使用。中身が濡れにくく、傘をさして移動するときにも便利に使える。大型のフロントポケットで荷物をすぐに取り出すことができる。
 
マルチユースキャリーバッグの特徴

 また、上部と両サイドにハンドルを付け、階段などでも持ち運びがしやすくなっている。小物ファスナー収納を丸めることで、メイン収納スペースが拡がり大きな荷物も収納できる。重量3.3kg、容量35Lと扱いやすいサイズとなっている。

オススメの記事