独自SoC「Tensor」搭載のGoogle Pixel 6、今秋発売

新製品

2021/09/16 19:30

 Googleは今秋、同社製の最新スマートフォン「Google Pixel 6」「Google Pixel 6 Pro」を発売する。同社は革新的なAIと機械学習(ML)を提供するため、モバイル用に構築したテクノロジー プラットフォームの開発に着手。独自のシステムオンチップ(SoC)の「Tensor」を開発し搭載した。

新デザインのGoogle Pixel 6

 新端末で特徴的なのは背面カメラシステム。性能が向上したことで、これまでの正方形の枠に収まらないほど拡大した。そのため、カメラシステム全体を“バー”によって搭載する新しいデザインを採用した。

 また、Google Pixel 6 Pro では軽く磨かれたアルミニウムフレームを、Google Pixel 6 ではマットアルミニウム仕上げなど、新しい素材や仕上げ方を採用した。

 Tensorは、現在から将来のスマホの使われ方を考慮して開発した。AIと機械学習を利用する機能が増えるなか、単にコンピューティングリソースを追加することだけでなく、機械学習を使用してPixelユーザーに新たな機能を提供することも目的としているという。

 国内キャリアでは、すでにソフトバンクが今秋発売すると発表している。

オススメの記事