ローソン中華まん販売開始! 今年は“もっちり”と“ヘルシー”に注目!

新製品

2021/09/01 17:00

 ローソンは8月31日に、2021年度の中華まんの販売を全国のローソンおよびナチュラルローソン店舗(ローソンストア100は除く)で開始した。9月1日には、東京都・千葉県・宮城県内のローソン約60店舗にて、同社としてはじめてデリバリーサービス「Uber Eats」で中華まんを届けるサービスを始めるとともに、9月8日からは全国のデリバリーサービス導入店舗にて袋入り冷凍具材の販売を行う。
 

「ジューシー肉まん」(左)と「特製豚まん」

 ローソンにおける2021年度の中華まんは、使用する小麦粉の配合を見直し、2020年よりも生地のもっちり感を向上させている。

 新メニューとしては、2020年に発売した類似商品と比較して使用する肉量を約15%増量した「特製豚まん」(198円)や、豚バラ肉を特製醤油だれで味付けした「豚角煮まん」(160円)を追加し、定番商品である「ジューシー肉まん」(140円)や「とろ~りチーズのピザまん」(140円)などと合わせて、計7商品を用意する。

 ナチュラルローソンでは、生地にブランを配合することで糖質を低く抑え、食・楽・健康協会による「ロカボ商品」の認定を得るとともに、使用するミンチ肉を大豆ミートに置き換えた「辛旨担々包(パオ)(大豆ミート使用)」(180円)の販売を行う。
 
辛旨担々包(パオ)(大豆ミート使用)

オススメの記事