アレンジで話題 激安スーパー「業務スーパー」のおいしいスイーツ4選

レビュー

2021/07/16 19:05

 「エブリデイロープライス(Everyday Low Price、EDLP)」をコンセプトに、神戸物産が運営する「業務スーパー」は、居酒屋などの業務利用を想定した大容量パックで販売する商品が多く、まとめ買い派には使い勝手がいい。また大容量のおかげで、単価は安い。今回はそうした業務スーパーの美味しいスイーツを紹介しよう。

1つからでも購入可能な絶品チーズケーキバー

 一般家庭でも購入しやすい業務スーパーの冷凍スイーツは、表面をチョコレートでコーティングした海外直輸入の「PASAKA チーズケーキバー」。1本入りで、味はバニラ、チョコレート、ココナッツ、ストロベリーの4種類。人気商品なのか、SNSではなかなか手に入らないというコメントが目立つ。実際、訪れた店舗ではバニラのみの販売だった。
 
PASAKA チーズケーキバー(バニラ)

 カロリーは低めで、表面をコーティングするパリっとしたベルギー産チョコレートの甘さとバニラ味のチーズケーキの酸味がマッチして、濃厚なヨーグルトのような味わい。推奨は半解凍の状態だが、もう少し時間をおいてから食べるとチーズケーキが程よく溶けてより美味しさがアップすると感じた。
 
ながら食べに最適なスティック形状
少し待って半解凍の状態で食べる

冷蔵庫の場所も取らないスティックシャーベット

 続いて、自宅で凍らせて食べる「sensofreddo スティックシャーベット」を紹介しよう。スティック状になっているので、冷凍庫の中で場所をとらず、パッケージに切り込みを入れてそのまま食べるので手が汚れない。味は、パインアップル・ブルーベリー&ハニー・ブラッドオレンジ&ジンジャー・マンゴーの4種類。大人は炭酸やお酒に入れてもいいだろう。

アレンジたくさん! 一口サイズのぷち大福

 業務スーパーの商品で特に話題になっているのが、一口サイズの大福「ぷち大福」だ。サイズは小さいが、1パックの内容量は1kgとなかなかの量。普通に考えると食べきれるのか、途中で飽きてしまうのではと心配になる。その場合は、下記のようにアレンジしてみよう。きっと飽きずに食べられるはずだ。

・ぷちイチゴ大福(小ぶりのイチゴを入れる)
・ゴマ団子(ゴマをまぶす)
・おしるこ(少量の水と共に耐熱容器に入れて電子レンジで温める)
・ぷち大福パイ(ぷち大福をパイシートに包み、オーブンで焼く)

本格エッグタルト「エッグタルト オリジナル」

 リピート率が高いといわれる業務スーパーのエッグタルト。正式名称は「エッグタルト (オリジナル)」(4個入り)だ。
 
ポルトガル直輸入のエッグタルト

 パッケージを開けると、凍ったエッグタルトがそのまま入っている。凍ったままオーブンで約12分焼くと、簡単にできたてのエッグタルトが出来上がる。好みによっては12分よりも短くてもいいだろう。しっかりめに焼くと、とろっとしたクリームが楽しめる。
 
オーブンで焼いた状態

 元々、焼き目はついているが、オーブンで焼くことで、外のタルト部分がサクッと焼き上がる。外はサクッと中はとろっとした食感がたまらない。カスタード・チョコクリームがおいしい「エッグタルト(チョコクリーム入り)」入りもおすすめだ。
 
サイズは小さめだが、中には
濃厚なカスタードクリームがたっぷり

 「ぷち大福」をはじめ、業務スーパーのスイーツ・デザートのアレンジ方法は、インターネット上ですぐに見つかるはずだ。もちろんそのままでもおいしいが、好みのアレンジ方法を見つけられると「業スー」とも略される業務スーパーのファンになるだろう。(GEAR

オススメの記事