セブン、ローソン、ファミマの「チータラ」比較!あなたならどれを選ぶ?

レビュー

2021/04/25 15:00

 三度目の緊急事態宣言で、再び家飲み時間が増えそうだ。家飲みのつまみと言えば、我が家ではチータラ(チーズ鱈)が欠かせない。手軽に入手できるつまみの代表として、コンビニでも売っているところがありがたい。あらためて、セブン‐イレブン、ローソンファミリーマートの各社からオリジナル商品として売られているチーズ鱈を比較してみた。

大手コンビニ3社のチータラ(チーズ鱈)(筆者撮影)

そもそもチータラとは何なのか

 チータラ(チーズ鱈)はどこのものでも同じと考えている人も多いのではないだろうか。しかし実は、コンビニによって大きく異なるのである。

 その前に、そもそもチータラとは何かをおさらいしておこう。チータラおよびチーズ鱈とは「なとり」の登録商標である。似たような商品はあっても、チータラと呼べるのは「なとり」のものだけだ。実際、大手コンビニ各社で売られているチータラを確認してみても、すべてなとりの商品となっている。

 チータラの誕生は1982年。実に、40年近くも愛され続けてきた、国民的なつまみだ。要冷蔵のはずのチーズが、常温で、しかも手を汚さずに楽しめるのは画期的で、長く愛されてきたのもうなずける。鱈のシートの食感や味わいと、間に挟んでいるチーズとのハーモニーは、軽い感動すら覚える。
 
「なとり」のホームページに、チーズ鱈の秘話などが詳しく載っている

 チータラが誕生した頃は、日本人の食生活が西洋化してきた頃とも重なり、人々がつまみにも新しい何かを求めていたタイミングだったのかもしれない。チータラは予想以上のヒット商品となった。なお、なとりのホームページでは、チーズ鱈の誕生秘話などが掲載されているので、さらに詳しく知りたい人はぜひチェックしてほしい。

 ちなみに、厳密に言うと素材には次のような違いがある。

・チーズ鱈→鱈のすり身を使用
・チータラ→魚(鱈・ホッケ)のすり身を使用

 しかしこの記事では、親しみを込めた愛称としての意味も含めて、両者を呼び分けていない。

実はこんなに違うチータラ

 チータラを購入するとき、その違いに注目した経験はあるだろうか。同じなとりのチータラだが、実は商品ごとに違いがある。特に、コンビニのオリジナル商品として売られているチータラは、実際に食べ比べてみると、その違いが明らかにわかる。好みや、合わせる飲み物によって、自分だけのオリジナルチョイスを楽しむのもいいだろう。

セブン‐イレブン~甘みのあるホロホロ系

 
セブン‐イレブン『なめらかさとコクを味わうチーズ鱈』(筆者撮影)

 セブン‐イレブンでは数種類のチータラが販売されているが、ここでは冷蔵コーナーにある『なめらかさとコクを味わうチーズ鱈』(116円)を紹介したい。

 チータラと言えば、つまみコーナーに置いてあるのがおなじみだが、セブン‐イレブンのチータラは、要冷蔵商品なのだ。本来なら常温でも楽しめるチータラの魅力を、あえて逆手に取ったような商品なのである。

 スタンドパックの中には、我々がイメージするチータラよりは、かなり小ぶりだが、しっかりと厚みのあるチータラがゴロゴロとしている。容量は30g。小ぶりながら、筆者が購入したものには14本も入っていて満足できる。

 肝心の味だが、想像しているチータラと比べると、ほんのりと甘みを感じる。薄めの鱈のシートが、チーズの甘みをさらに引き立てているように感じた。

 チーズは濃厚というよりは、口の中で崩れるホロホロ系。多少クセもあるが、それがまた旨い。個人的には、これが116円で楽しめるのは、かなりお得に思う。

ローソン~昔ながらの定番系

 
ローソン『チーズ鱈』(筆者撮影)

 ローソンのチータラは、シンプルな『チーズ鱈』(132円)を選んだ。パッケージの見た目からしても、とことんシンプルなチータラだ。中身は、細長いチータラが並んでおり、昔からなじみがあるチータラそのものだ。

 味も間違いない。食感といい、塩味の加減といい、ザ・チータラと言って良い。「チータラが食べたい」と思ってローソンのチータラを食べたら、満足するはずだ。

 チーズにクセもないため、万人受けする味だろう。よく知っているプロセスチーズに近い味かもしれない。容量は30gで10本のチータラが入っていた。手に持ってかじりながらお酒を飲む、昔ながらのスタイルで楽しみたい。

ファミリーマート~塩味強めのねっとり系

 
ファミリーマート『カマンベールチーズ入り濃厚チーズ鱈』(筆者撮影)

 ファミリーマートでは、『カマンベールチーズ入り濃厚チーズ鱈』(192円)がメインに販売されていた。他の2社と比べるとやや高めではあるが、100円程度の手軽なオリジナル商品は見当たらないため、こちらを比較対象にした。

 ファミリーマートのチータラは、濃厚というだけあって、パッケージ写真の見た目からして明らかに他のものとは違う。「カマンベールチーズ入り」なのが特徴だが、チーズがオレンジ色のためチェダーチーズのように見える。 チータラ別おすすめのタイプ  コンビニ各社のチータラの違いを紹介したところで、あくまでも筆者個人の感想にはなるが、それぞれどのような人におすすめなのかも紹介しよう。もちろん、最善は実際に食べ比べることなので、参考程度してもらえればと思う。

こだわり派のあなたに-セブン‐イレブン

 「家飲みだってこだわりたい」「ちょっとひとひねりのあるつまみで、夫婦の会話も盛り上がるとうれしい」――。そんなこだわり派のあなたには、セブン‐イレブンの『なめらかさとコクを味わうチーズ鱈』をおすすめしたい。

 他のチータラとは明らかに違うこの味わいは、こだわり派ならよく分かるだろう。パートナーに、「これ、おいしいね!」と言われる可能性も高い。

 お酒以外のものともよく合うので、朝食のパンに添えたり、サラダに使ったりしてもいいかもしれない。塩気はかなり控えめなので、ドレッシングなどとの相性も良い。

 あえての要冷蔵商品といった特別感も味わえるのに、価格は116円。つまみとして食べるなら、ぜひおしゃれな器に移し替えて楽しみたい。

定番を楽しみたいあなたに-ローソン

 定番の商品は、定番ならではの魅力がある。期待を裏切らないのは、大事な要素だと思う。

 「変化よりも、安心感がほしい」「結局『いつものやつ』が落ち着く」――。そんな定番好きなあなたには、ローソンの『チーズ鱈』をおすすめする。

 定番ながら、しっかりした長さと食べ応えのあるチータラはやはり外せない。変わり種のつまみを投入する際の、箸休め的な役割として活用するのもいいだろう。

 長いチータラを少しずつかじるスタイルは、VOD鑑賞など「ながら」のお供にもピッタリである。132円とお手頃価格のため、常備しておくと安心だ。

じっくり飲みたい派には-ファミリーマート

 「週末くらい、ゆっくりとワインを楽しみたい」「1人でリラックスできる家飲みの時間が好き」――。そんな忙しいあなたには、ファミリーマートの『カマンベールチーズ入り濃厚チーズ鱈』をおすすめしたい。

 濃厚な味わいは、まさにワインとベストマッチ。ゆっくりと、じっくりと楽しむのに最適である。少量でも満足できるほど濃厚で食べ応えも抜群なのに、なぜか後を引く味わいは秀逸だ。

 お気に入りのワインと一緒に、少しずつ時間をかけて楽しむのが良いだろう。濃厚さゆえに、パクパクと食べてしまって後悔する、となりにくいのも魅力だ。

 また、ファミマのチータラは他のつまみと合わせても個性が失われない。今はまだ難しいが、いずれホームパーティーなど開催できるようになれば、たちまち活躍するだろう。塩気が少し強い分、好みは分かれるかもしれないが、ハマる人も多いはずだ。

チータラにこだわると家飲みが楽しくなる

 たかがチータラであるが、そこにはコンビニ各社のこだわりと、なとりの企業努力を感じずにはいられない。

 「このワインにはコレ」「一人で楽しむにはコレ」などと、こだわって選んでみてはどうだろうか。夫婦で、または家族で楽しむならば、筆者のようにぜひ食べ比べも試してみてほしい。意外が盛り上がりや、新しい発見があって驚くかもしれない。

 このご時世、家飲みタイムの充実で、日々の活力を取り戻したい。(GEAR)

オススメの記事