「くねくね」する蛇腹だからピントと傾きが調整できる、米レンズベビー社の「Spark2.0」

 ケンコー・トキナーは、流れるようなボケが得られるレンズの米レンズベビー社「Spark2.0」を3月26日から販売開始する。価格はオープンで想定価格は2万7800円前後。

ミラーレスカメラ装着例

 Spark2.0は、キヤノンEF、RF、ニコンF、Z、ソニーE、富士フイルムX、マイクロフォーサーズの7マウントをラインアップする。レンズベビーの原点である蛇腹で、ティルト(傾き)や画面内のピント位置のコントロールができる。レンズ部分は「Sweet 50」に進化。どんな被写体もユニークに演出する。
 
蛇腹部分を手前に引くと遠距離にピントが合い、
傾けると画面内の「ピントが合うゾーン」をコントロールできる


 レンズの蛇腹部分を手前に引くと遠距離にピントが合い、蛇腹を傾けることで、画面内の「ピントが合うゾーン」をコントロール可能。また、この操作により、ボケに流れをつくることができる。

オススメの記事