「マネーフォワード ME」の家計簿から煩雑な「確定申告」が可能に

サービス

2020/11/12 21:00

 マネーフォワードは11月12日、お金の見える化サービス「マネーフォワード ME」で、確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」へのデータ連携を開始し、家計簿データを利用して確定申告を行うことが可能になったと発表した。


 マネーフォワード MEは、銀行やクレジットカード、ECサイト、証券など2600以上の金融関連サービスから入出金履歴や残高、購入履歴などの情報を取得し、自動で家計簿を作成するサービス。

 今回の連携により、マネーフォワード MEの利用者で副業や事業を行っている人は、日々つけている家計簿の明細データの中から、副業で支払った事業経費や雑所得などのデータをマネーフォワード クラウド確定申告に連携し、仕訳情報や申告書類を簡単に作成することができる。

 医療費控除申請をしたい人は、家計簿の明細データの中から医療費のデータをマネーフォワード クラウド確定申告に連携して明細書を作成できるため、医療費の金額を自分で記入する必要がなくなる。

 また、確定申告期間に合わせて、マネーフォワード クラウド確定申告のアプリから、電子申告ができる機能を提供開始する予定。これにより、申告書作成から確定申告まで、アプリで一気通貫で行うことができるため、申告作業の効率化を図ることができる。

オススメの記事