創業140周年記念モデルを数量限定で発売、グランドセイコーから

新製品

2020/11/12 11:00

 セイコーウオッチは、「グランドセイコー」でセイコーの創業者である服部金太郎氏の生誕160周年を記念した限定モデル「SBGZ005」と、セイコー創業140周年を記念した限定モデル「SBGW260」を2021年1月22日に発売する。

SBGZ005

 SBGZ005の冷間鍛造でつくり出されたプラチナケースは、ザラツ研磨の技術を結集し、平面も曲面も歪みなく磨き上げられている。風防ガラスは、複数のカーブ形状を歪みなくつなぐことで、全体に柔らかい印象を与えつつ、ダイヤルの隅々まで見える視認性の高さを実現している。

 放射模様から発想を得た多層ダイヤルは、繊細な放射模様にブランドロゴ、SDマーク(Special Dialマーク)、秒目盛が浮かび上がり、印刷によらず立体の陰影のみで美しさと視認性を実現し、特別に14Kホワイトゴールドでつくられたインデックスと時分針は、切削で成形した金無垢の質感を生かしたシャープな形状に仕上げた。
 
各所に同社の技術を結集した加工が施されている

 ムーブメントには、高級時計の専門工房「マイクロアーティスト工房」が手掛ける「デュアル・スプリング・バレル」と「トルクリターン・システム」の組み合わせによって、約84時間の持続時間を備えるスプリングドライブキャリバー「9R02」を採用する。

 ムーブメントの受には、「Micro Artist」と刻印された18Kシルバーゴールド製ワッペンを取り付けており、同プレートを購入者が希望する言葉を彫り込んだプレートと交換して納品することもできる。

 世界限定50本で、税別価格は1050万円。
 
SBGW260

 SBGW260は、初代グランドセイコーのデザインを、18Kピンクゴールドで復刻したモデル

 18Kゴールドをケースとインデックスに採用し、12時位置の「Grand Seiko」ロゴは浮き出し加工によって立体的に輝く。また、裏蓋から見えるムーブメントの受には、服部金太郎氏が精工舎を設立した当時に商標として使用された、丸角Sマークを刻印している。

 ムーブメントには、動力ぜんまいとひげぜんまいに耐久性の高い独自素材「スプロン」を採用した機械式の手巻キャリバー「9S64」を搭載する。さらに、脱進機にはMEMES(Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)によって製造される高精細で表面平滑度の高い部品を採用している。

 世界限定350本で、税別価格は300万円としている。

オススメの記事