ソニーやGoogleも注目の“クラウドゲーム” 「フォートナイト」で実際にプレイしてみた

【なぐもんGO・68】 ゲーミングPCは持っていないけど、PC用のゲームがプレイしたい──。そんな願いを叶えるのにピッタリのサービスが、「クラウドゲームサービス」だ。手元のスマートフォン(スマホ)でPCゲームがプレイできる、ゲーマーにとっては夢のようなサービス。しかし、高性能な処理能力が必要なPCゲームをスマホで満足にプレイできるのか、通信の遅延が発生しないのかなど不安もある。どのようなサービスなのか、実際に試してみた。

クラウドゲームサービス「auスマートパスプレミアム用GeForce NOW」を試してみた

 クラウドゲームとは、クラウド上でゲームのあらゆる処理を行うため、端末を問わずに高品質なゲームがプレイできるサービスのことだ。端末側は映像の出力と操作だけ行えればいいので、例えば今回のようにスマホでPC用のゲームを遊ぶことができる。ソニーマイクロソフトがゲームコンテンツのストリーミングサービスで手を組んだり、Googleがクラウドゲームサービス「Stadia」を展開したりと、近年、注目度が高い分野だ。ゲーム情報メディア「ファミ通」の調査によると、2023年には140億円以上の市場規模になる見通しだ。

クラウドゲームを楽しむための準備

 今回、使用したスマホはコスパに優れた「Google Pixel 4a」。回線はau(4G)。利用したクラウドゲームサービスはauが提供する「auスマートパスプレミアム用GeForce NOW」だ。auの有料会員「auスマートパスプレミアム(月額490円)」向けのサービスで、利用するには入会登録が必要になる。通常の「GeForce NOW Powered by au」と比べると一部制限はあるが、対応タイトルを見た限りでは主要なタイトルはおさえているようだ。
 
豊富なタイトルラインアップ

 ゲームをプレイするには、入会後にアプリをインストールする。終わったら起動し、経由するキャリア(筆者の場合はau)を選びログイン。これでゲーム一覧が表示されるようになる。海外から来たサービスだけあって、いわゆる洋ゲーが多くラインアップしている印象だ。日本のRPGなども見かけるが、今回はPCでしかできないゲームを試してみる。
 
「auスマートパスプレミアム用GeForce NOW」

PC版「リーグ・オブ・レジェンド」をスマホでプレイしてみた

 選んだのは世界的に人気なPCゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」。10月末にスマホアプリ版の「ワイルドリフト」(β版)が登場したが、今回はPC版に挑む。ゲームをタップして早速スタート! かと思いきや、マウスキーボードの接続を勧められた。その場に持ち合わせていなかったので、無視してプレイ開始! とはならず、今度はライアットゲームスへのログインを要求された。スタートまでの道のりは少し遠い。
 
「リーグ・オブ・レジェンド」で試運転

 ログインが終わると、ついにプレイすることができた。始まってみると映像は意外にもキレイだった。高画質で“カクツキ”もなく滑らかに表示される。早速、チュートリアルを選んでスタート。最初は移動の練習だ。1本指でタップすると左クリック扱い、二本指だと右クリックになる。移動する場合は二本指で行きたいところをタップ。攻撃時は使いたいスキルを1本指でタップし、狙う箇所を再びタップすると発動する。チュートリアルはなんとかクリアできた。

 ただ、やはりPCのようにスムーズにプレイするにはマウスとキーボードが欠かせないと感じた。また、当然だがスマホだと画面サイズが小さい。新しいチャンピオンを確認したり、スキルの効果を確認したり、動きを確認したりする用途なら、スマホだとどこでもできるので手っ取り早いが、本格的にプレイするとなると難しいだろう。
 
スキルや文字は小さい

[次のページ]「フォートナイト」は?

  • 1
  • 2

次へ

オススメの記事