ロゴスコーポレーションは、アウトドアブランド「LOGOS」から、冬のアウトドアライフで活躍する「野電 あったかパッド(USB蓄電)」を発売している。税別価格は5900円。

野電 あったかパッド(USB蓄電)

 野電 あったかパッド(USB蓄電)は、電気式カイロとライトを組み合わせた2WAYのアイテムで、フラットでコンパクトなので膝の上に置いて使える。

 かばんに入れての持ち運びにも便利なので、場所を選ばず使用でき、冬キャンプやウィンタースポーツなどアウトドアシーンはもちろん、オフィスや自宅などでの普段使いにも適している。

 スイッチをオンにすると、温かくなってカイロとして使えるほか、モードを切り替えればライトに早変わりする。本体に持ち手を備えており、位置を変えれば斜め掛けも可能なので、斜め掛けで吊り下げれば下方照射に適したダウンライトとしても使用できる。
 
ライト点灯時のイメージ

 本体に容量4800mAhのバッテリを搭載し、駆動時間は発熱が約4.5時間、ライトの点灯が約25時間。また、本体のUSBポートから、スマートフォンなどへの給電にも対応している。サイズが幅24.0×高さ3.7×奥行き14.0cmで、重さが約410gとなっている。