メルカリは7月13日、スマートフォン決済サービス「メルペイ」にメルカリの売上金を送る・もらう機能を実装し、同日開催した発表会で開発リーダーの中村奎太氏がサービス概要を説明した。

メルカリ売上金が1円から送金可能に! 
「おくる・もらう機能」を7月13日に実装

 2019年2月にローンチされたメルペイは非接触決済「iD」やフリマサービス「メルカリ」と連携する独自性を武器に20年1月時点でユーザー数が600万人を突破。大手企業による資本力勝負になりつつあるスマホ決済サービス業界において、一定の支持を獲得している。
 
メルペイは2020年1月時点でユーザー数が600万人を突破

 同機能は「メルカリ」の売上金(メルペイ残高・有償ポイント)を1円から手数料無料で送ることができる。送金できる上限はメルペイ残高が10万円まで/回・月、有償ポイントが5000円まで/回・月。メルペイ残高を受け取るには本人確認を完了している必要がある。また、友達の招待やキャンペーンなどで獲得した無償ポイントについては送金することはできない。
 
送金時のアプリ画面

 すでにPayPayやLINE Payなどの競合も実装している送金機能だが、メルペイは差別化ポイントとしてリッチなメッセージ機能を搭載。ローンチ時点で24種類の専用メッセージカードを用意し、残高と合わせて相手に送ることができるようにした。
 
ローンチ時点で24種類の専用メッセージカードを用意

 中村氏によると「メルペイ残高やポイントを送りたい」というニーズは高く、同社調査では約40%のユーザーが「身近な人に送りたい」と回答したという。割り勘のような実用的な利用だけでなく、感謝や労いの気持ちを伝えるといった使い方にも需要があると考えた。

 メルカリの売上金は二次流通で得た「おこづかい」と認識しているユーザーが多い。こうした他のスマホ決済サービスと異なる特徴も幅広い送金機能の利用を後押しすることになりそうだ。(BCN・大蔵大輔)