LGエレクトロニクス・ジャパンは、専用の手帳型ケースを装着すると2画面として使えるスマートフォン「LG G8X ThinQ」を12月上旬以降に、ソフトバンクの新商品として発売する。同端末について、11月12日に報道関係者向けの説明会を実施した。二つのアプリを同時に操作してもスムーズに動作するスペックを備え、単体でもハイスペックな端末として使うことができる。

ソフトバンクから12月上旬以降に発売する、専用ケースを装着すると2画面操作ができるスマートフォン
「LG G8X ThinQ」

 LG G8X ThinQは、フルHD+対応の約6.4インチ有機ELディスプレイを採用している「メインスクリーン」と、もう一つ、同じサイズのディスプレイを搭載した専用ケース「LG デュアルスクリーン」を使用することで、2画面操作が可能になるスマートフォンだ。
 
単体でもハイスペックな端末として使うことができる

 同社モバイルコミュニケーションのキム・ヒチョル プロダクトチーム長は、「2画面スマホのニーズはあるが、市場で成功したかという問いには、クエスチョンが浮かぶ。そこで、これまでの課題を踏まえて当社が開発したのが、ケースを使って2画面化するスマホ。ケースに応じて、一般的なスマホとしても、2画面スマホとしても使うことができる柔軟さを実現している」と、自信をみせる。
 
LGエレクトロニクス・ジャパン モバイルコミュニケーションのキム・ヒチョル プロダクトチーム長

 例えば、「メインスクリーン」で動画を視聴しながら「LG デュアルスクリーン」でネットサーフィンやチャットをする、ゲームをプレイしながら片方で攻略サイトを見る、異なるゲームを同時にプレイする、といった使い方ができる。「LG デュアルスクリーン」を取り外して、「メインスクリーン」だけで使用することも可能だ。
 
ポケモンGOとドラクエウォークを同時にプレイしてもスムーズにプレイすることができる

 アウトカメラはデュアルカメラ。有効画素数約1200万画素の標準カメラと、有効画素数約1300万画素で画角136度の超広角カメラを搭載している。インカメラの有効画素数は約3200万画素で、「ポートレートモード」にも対応。高画質な自撮りを楽しむことができる。

 64GBのROMと6GBのRAMを搭載し、フルセグ/ワンセグ、Felica対応など基本的な機能も充実。最新のCPU「Snapdragon 855」を搭載することで、動画やゲームなども快適に楽しめる。
 
 
動画を視聴しながらSNSをチェックしたり、乗換案内で経路を調べながら地図を確認したりできる

 カラーはオーロラブラックのみで、OSはAndroid 9。外部メモリとしてmicroSDXCに対応する。防水/防じん性能はIPX8/IP6X、バッテリー容量は4000mAh。サイズと重さは、単体が高さ約160.0×幅76.0×厚さ8.4mmで約193g、ケース装着時が高さ約166.0×幅164.0×厚さ15.0mmで約331g。単体の場合はUSB Type-C端子で充電し、ケースを装着している際は専用の充電器で充電する。