ダイハツ工業は、ディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォン(スマホ)を接続することで、ユーザーとクルマやダイハツをつなぐコネクテッドサービス「ダイハツコネクト」の提供を開始し、2019年内に発売予定の「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」第2弾の新型車から採用する。同時に、車内での通信をサポートする「ダイハツWi-Fi」の提供も開始する。

「ダイハツコネクト」のロゴ

 スマホに、ダイハツコネクトアプリをインストールすると、事故や故障を検知すると「事故・故障センター」に自動検知する「つないでサポート」のほか、「見えるドライブ」「見えるマイカー」「つないでケア」の4つのサポートサービスが受けられる。

 「見えるドライブ」は、ドライバーと家族や大切な人をつなぐ見守りサービスで、「事故/故障の発生時」「お出かけ時」「設定エリア外への移動や設定エリア内への帰還」「自宅(または設定した場所)への到着」の4つのシーンで、あらかじめ登録した「見守り者」へメールを自動送信する。また、クルマの現在位置を同社が運営するウェブサイト「ダイハツポート」のマイページで確認できる。

 「見えるマイカー」は、ドライバーとクルマをつなぎ、エンジンをオフにした際に駐車した場所の位置情報を自動で記録して、離れた場所からでもスマホでクルマの状況を確認可能なサービス。駐車場などに停めたクルマに戻る際に、地図アプリでルート案内も可能で、エンジンオフ時点での燃料残量、電子キーの電池残量(少量時のみ表示)、航続可能距離、積算距離、平均燃費といった最新のクルマの状況を自動で記録し、ダイハツポートのマイページで確かめられる。

 「つないでケア」では、車検や点検、リコールといった車両メンテナンスに関する情報を車載機に表示するほか、スマホへメールを自動送信し、車両メンテナンスの情報をわかりやすく伝えることで、メンテナンス忘れを防止する。

 「ダイハツWi-Fi」は、車内に無線LANルーターを設置し、ダイハツコネクトや、車内で使うスマホ・タブレット端末などの通信をサポートするサービスで、ダイハツコネクト対応車載機の購入者を対象に、サービス利用開始から3年間、月1GBのデータ容量を無料で提供する。より多くの通信量が必要なユーザー向けに、さまざまな有料プランも提供する予定。

 そのほか、2019年内に発売予定の新型車は、SmartDeviceLink/Apple CarPlayに対応する「ディスプレイオーディオ」をオプションとして用意。ディスプレイオーディオでは、SmartDeviceLink/CarPlay対応アプリをディスプレイに表示・操作可能となり(CarPlay利用時はダイハツコネクト/ダイハツWi-Fiの利用は不可)、クルマとスマホとの連携を強化し、安全性と利便性の向上を目指す。