「M-SOUNDS」ブランドの完全ワイヤレスイヤホンを提供するエム・エス・シーは、高音質の音響技術HDSSを搭載したフラッグシップモデル「MS-TW3」を9月18日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万3500円前後の見込み。

エム・エス・シーの「MS-TW3」はブラックとホワイトの2色展開

 MS-TW3は、2017年に発売してロングセラーになった「MS-TW1」と、そのワンランク上のスペックで18年に発売した「MS-TW2P」に続く第3弾モデル。従来モデルと一線を画す完全新規の設計で、ゆがみや濁りのない自然なサウンドを再生する音響技術「HDSS」を搭載した。

 2層構造の複合振動板を使って深みのある低音とクリアな中高音を再生する新開発5.9Φダイナミックドライバーを搭載。劣化を最小限に抑えながら楽曲データを受信するクアルコム製の最新SoCも採用した。

 耐久性も強化。イヤホンが汗などで汚れても水洗いできるIPX7相当の防水性能と、MIL規格「MIL-STD-810G」準拠の落下試験をクリアしている。保証期間内にイヤホンや充電ケースを紛失・破損した際、当該パーツを特別価格で購入できる「あんしん補償サービス」も付属する。

 片耳5.6gの軽さで、1回の充電での最大使用時間や約10時間、充電ケースと併用すれば最大約60時間の使用ができる。