Planet Computers Ltd.の国内総代理店であるリンクスインターナショナルは、8月22日、東京・千代田区の駐日英国大使館でキーボード搭載のAndroidスマートフォン「Cosmo Communicator」を発表した。価格はオープンで税別実勢価格は10万円前後、発売日は最短で9月末を予定。詳細は決まり次第、発表するとしている。

今秋、日本市場に投入するキーボード搭載のAndroidスマートフォン
「Cosmo Communicator」

 Planet Computersは2016年に英国・ロンドンで設立したベンチャー企業。日本では昨年発売したポケットパソコン「Gemini PDA」で知名度を高めた。実は同製品は日本で最も売れており、国別のシェアでは25.8%で4分の1を占める。今回、新製品発表会を開催したのも、日本が同社にとって最大の市場となっているからだ。
 
ポケットパソコンとして日本でも話題になった「Gemini PDA」
 
実は日本は世界最大の市場で、シェアは25.8%を占める

 「Cosmo Communicator」のOSはAndroid 9.0とLinuxに対応。二つのOSを使い分けることもできる。ディスプレイサイズは約6.0インチ(FHD+、18:9)、キーボードにはQWERTY配列のメンブレンキーボードを採用。国内販売モデルはかな表記も印字している。
 
キーボードはメンブレンキーボードで小型ながら正確にタイピングすることができる。
日本ではかな印字のあるモデルのみを販売する予定だ(写真は海外モデル)

 カメラはアウトカメラが2400万画素、インカメラが500万画素。ディスプレイはメインスクリーンのほか、閉じた状態で使用するサブスクリーンも備えている。きょう体外側の左右にそれぞれスマートスピーカーを配置し、電話応対時は上下どちらで受けることもできる。
 
サブスクリーンを搭載し、本体を閉じた状態でも時刻や通知などを表示できる

 CPUはMediaTek Helio P70、RAMは6GB、ROMは128GB。データ容量はmicroSD(最大512GB)で拡張できる。インターフェースはUSB Type C×2、3.5mmオーディオジャック。マウスなどのPC周辺機器と接続して使用することも可能。バッテリー容量は4220mAh。SIMスロットはnanoSIM×2を挿入でき、eSIMにも対応する。サイズは17.1×7.9×1.7cmで、重量は326g。(BCN・大蔵 大輔)