ソニーは7月6日に、エントリーモデルのBluetooth対応ネックバンド型ワイヤレスヘッドホン「WI-C310」「WI-C200」を発売する。「WI-C310」はハウジング部分に光沢処理を施し、カラーはブラック、ホワイト、ブルー、ゴールドの4色。「WI-C200」はブラック、ホワイトの2色。

WI-C310

 2機種とも、エントリークラスとしては大容量の最大15時間の連続再生が可能なバッテリを搭載。10分間の充電で60分間再生できるクイック充電にも対応する。

 ドライバーユニットには、クリアな中高音と重厚で、パワフルな低音を実現する高磁力ネオジウムマグネットを搭載する。また、中高音の音漏れを低減するために、通気量を調整するハウジングの穴を小さくした構造を採用した。
 
WI-C200

 Bluetooth 5.0に対応し、最大で8台までの機器とのペアリング情報を登録可能。ケーブル部分にあるコントロールボックスでは、再生/一時停止、音量の調節、電話の応答/終話に加え、ハンズフリー通話ができる。対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。対応コーデックはSBC、AAC。

 価格はオープン。税別の実勢価格は「WI-C310」が5000円前後、「WI-C200」は4500円前後の見込み。