LINEは3月12日、スマートスピーカー「LINE Clova」に液晶ディスプレイを搭載した「Clova Desk」の販売をLINE Clova公式サイトで3月19日に開始すると発表した。税込価格は2万7540円。

スマートディスプレイ「Clova Desk」

 Clova Deskは、AIアシスタント「Clova」を搭載し、音声で操作できるスマートディスプレイ。「ホームサイネージ」「コミュニケーション」をコンセプトに、ユーザー自身や家族に必要な情報を音声とディスプレイで提示する。音声に加えて画面があることで、ユーザーは瞬時に情報を手に入れることができる。

 これまでLINE Clovaで利用できたLINE メッセンジャーとの連携はもちろん、カメラを搭載しており、ビデオ通話も可能。ディスプレイを活用すれば、クックパッドと連携してレシピを表示したり、AbemaTVと連携して動画を視聴したりできる。対応サービスは今後増やしていく予定だという。

 従来のClova搭載スピーカーと比較して、騒音環境での呼び出し性能最大20%、反応速度が20%向上している。また、デスク向けのアプリも提供し、メニューからそれぞれのアプリを起動する音声コマンドが確認できる。赤外線リモコン機能を搭載しており、テレビや照明、エアコンといった家電を音声で操作できる。

 ディスプレイは7インチでタッチ操作対応。本体のサイズは高さ181.0×幅104.5×奥行き173.0mm。カラーはホワイトとブラック。使える場所を増やすため、DCジャックのほか、3000mAhの内蔵バッテリーを備える。バッテリー使用時の連続利用時間は、音楽を再生し続けて2時間、ホーム画面で3時間程度だという。