エクソルと、東京電力グループのTEPCOホームテックは1月28日に、既築でも新築でも、初期費用0円で太陽光発電システムを設置可能な「のせトク?」の販売で提携した。

電気代と太陽光発電システムの省エネパック「のせトク?」

 「のせトク?」は、TEPCOホームテックの既存商品「ソーラーエネカリ」同様、イニシャルコストをかけずに光熱費を削減できる、新しいエネルギー利用システム。10年間は、太陽光発電システムの利用料をTEPCOホームテックに支払う必要があるが、自家消費では使いきれなかった電力を固定価格買取制度などによって売電すると得られる収入でまかなえる想定だ。利用契約が満了する10年後には、太陽光発電システムが無償譲渡され(サービス利用料を全額支払い済みの場合)、以降は光熱費削減と売電収入、2つのメリットを得られる。
 
導入イメージ。
イニシャルコストを抑えたい場合には有力な選択肢となる

 TEPCOホームテックは太陽光発電と省エネ機器を組み合わせた商品の販促を拡大しており、関東エリアで提携店などと協力して普及推進を図った後に、全国エリアへ拡大する。また、企業によるESG(環境・社会・ガバナンス)やSDGs(持続可能な開発目標)といった取り組みの拡大にともなう、太陽光発電の自家消費に対するニーズの高まりに応えるべく、「のせトク?」のスキームを活用した、工場や大型店舗などへの太陽光発電システムの展開も予定している。