中古PC事業者のリングローは、個人事業主やフリーランス向けに、購入してから2年後に下取りすることで実質無期限に保証されるPC「R∞PC(アールピーシー)」を12月13日に発売した。

R∞PC

 R∞PCは、過失による故障が発生しても無償で修理し、電話によるサポートを無料で対応。業界初の取り組みで、これまで個人向けに販売していた。4月の発売後、約半年で出荷台数1200台を突破。個人事業主などから要望があったことから、法人向けプランを用意した。

 リングローの実績調査によれば、個人利用のPCは修理費用が平均6000円強である一方、法人を含む仕事利用によるPCの修理費用は平均13000円強。仕事で使うPCは、ユーザーが仕事で必須なこともあって不調が出ても騙し騙し長く使おうとする部分もあるため、個人利用のパソコンの修理に比べて部品の交換などの費用がかさむという。

 リングローでは、このような状況をR∞PCで打破。個人事後湯主やフリーランスに対して、修理費用の負担が軽減することを訴えていく他、2020年1月に終了するWindows 7サポートまでの「つなぎPC」としても提案し、R∞PCの販売台数を20年1月までに10万台と見込んでいる。