任天堂は、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」向けオンラインサービス「Nintendo Switch Online」を9月19日に開始する。正式サービスの開始と同時に、「オンラインプレイ」は有料になる。

Nintendo Switchのオンラインプレイが9月19日から有料に(画像は任天堂の公式HP)

 「Nintendo Switch Online」は、公式オンラインストア「ニンテンドーeショップ」などで「Nintendo Switch Online」の利用券を購入すると加入できる。

 サービス内容は主に5つ。インターネットを通じた対戦プレイや協力プレイといったNintendo Switchの「オンラインプレイ」、本体内のセーブデータをインターネット経由で預かる「セーブデータお預かり」、ファミリーコンピュータのゲームをプレイできる「ファミリーコンピュータ」、連携するスマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」、このほかにも加入者限定の特典を用意しているという。

 料金は、税込で1カ月(30日間)が300円、3カ月(90日間)が800円、12カ月(365日間)は2400円となっている。既存ゲームのオンラインサービス「PlayStation Plus」(1カ月で税込514円)や「Xbox Live」(1カ月で税込842円)よりも安い。

 また、家族で複数のNintendo Switchを所有している場合は、12カ月で4500円のファミリープランに加入すれば、家族のそれぞれのアカウントでそれぞれのNintendo Switchから「Nintendo Switch Online」を利用できる。2人以上だと個人で加入するよりもファミリープランの方が安くなる。

 なお、正式スタート後、ニンテンドーeショップでニンテンドースイッチオンラインの1週間無料体験を提供するという。