富士通と富士通クライアントコンピューティングは12月26日、個人向けPC「FMV」の新製品として、ディスプレイ一体型デスクトップPC「ESPRIMO FH」シリーズ2機種を発表した。音声による音楽再生や家電の操作が可能な独自のAIアシスタント「ふくまろ」を新たに搭載する。発売日は2018年1月18日で、同日以降に17年秋発売の機種にもソフトウェアアップデートで「ふくまろ」を提供する。

 AIアシスタント「ふくまろ」搭載PCは、27型の「ESPRIMO FH90/B3」と、23.8型の「ESPRIMO FH52/B3」の2機種。AV機能重視モデル「FH90/B3」はパイオニアと共同開発したハイレゾ対応の2.1chスピーカーとサブウーファーを搭載し、地上波・BS・110度CSに対応したテレビ視聴・録画機能も備える。CPUはCore i7-7700HQ(2.80GHz、ターボ・ブースト時最大3.80GHz)、メモリは8GB、HDDは3TB。価格はオープンで、実勢価格は24万円前後の見込み。
 
201712261554_1.jpg
「ESPRIMO FH90/B3」(左)と「ESPRIMO FH52/B3」

 「ESPRIMO FH52/B3」は、4辺狭額縁の液晶ディスプレイを搭載し、デザイン性を追求した省スペースモデル。カラーはホワイト。CPUはCeleron 3865U(1.80GHz)、メモリは4GB、HDDは1TBで、実勢価格は16万円強の見込み。

 どちらも、快適な入力操作とデザイン性を両立させた「プリズムクリアキー」のキーボードと本体デザインにマッチしたマウスが付属。キーボードはよりコンパクトになり、打鍵に対する反応を速め、快適な入力を可能にした。

 ふくろうを模した「ふくまろ」は、富士通クライアントコンピューティング独自の音声解析技術によって、挨拶や日常会話を楽しめるほか、PC内に保存してあるコンテンツの再生や、内蔵カメラを利用した留守中の室内撮影などが可能。さらに、別売の「IRコマンダー」と組み合わせると、赤外線リモコン信号による家電の操作が可能になる。「IRコマンダー」の実勢価格は7000円前後。
 
201712261554_2.jpg
「ふくまろ」起動時の画面イメージ

 「ふくまろ、写真見せて」「ふくまろ、照明つけて」といった音声で操作できるほか、ユーザーが外出先にいるときは、あらかじめペアリングしたSkypeアカウントからのチャットで「ふくまろ」に指示を伝えることができる。

 「ふくまろ」と「IRコマンダー」は、17年10月発表モデルでも利用でき、今後、継続的に機能の充実を図っていく予定。なお、音声や意味の認識はPC上で処理しており、インターネット接続は天気予報など外部からの情報取得や、Skype連携のみに使用しているという。