12月1日に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」で「インスタ映え」が年間大賞を受賞したことが象徴するように、もはやスマートフォンのカメラはただシーンを切り取ればよいものではなくなってきている。ユーザーが求めているのは、SNSで公開したり友人に見せて自慢したりできる写真の撮影だ。

 フォトジェニックなアイテムや名所を紹介したり、撮影方法をレクチャーしたりする講座が人気だが、撮影機材であるスマートフォンにこだわれば、テクニックに頼らなくても日常の風景をオンリーワンの1枚に仕上げることができる。今回注目したのは、自分撮りで唯一無二の機能を発揮できる「ZenFone 4 Selfie Pro」だ。
 
201712261152_1.jpg
ユニークなセルフィー機能を搭載する「ZenFone 4 Selfie Pro」

1+1=2以上? デュアルレンズカメラがもたらすセルフィー新体験

 「ZenFone 4 Selfie Pro」は5.5インチのディスプレイを搭載。メタルボディを採用し、カラーはネイビーブラック、サンライトゴールド、クラシックレッドの3色を揃える。今回のレビューではクラシックレッドを使用したが、マットな質感で光沢が抑えられており、男性・女性どちらのユーザーにもマッチする印象だ。約6.9mmと薄型で、片手でスマホを持つセルフィー(自分撮り)の構えでもグリップはしっかり安定する。
 
201712261152_2.jpg
薄型なのでセルフィーの構えでもグリップはしっかり安定する

 本機の最大の特徴は、ディスプレイの前面に備えたデュアルレンズカメラだ。背面のアウトカメラとして、レンズやセンサーの異なる二つのカメラを搭載するスマホは続々登場しているが、ディスプレイ脇のイン側をデュアルカメラとした機種はめずらしい。1200万画素のメインカメラと500万画素のワイドカメラの二つをイン側に用意しており、組み合わせることで1+1=2以上のセルフィー新体験を味わえる。
 
201712261152_3.jpg
前面に搭載したデュアルレンズ

 まず、それぞれのカメラの性質を説明しておこう。メインカメラのスペックはF値が1.8、センサーは1/2.55インチ、画素ピッチ1.4μmのソニー製IMX362センサー。薄暗い場所でもノイズの少ない写真を鮮明に撮影可能だ。仕様は1200万画素だが、ASUSのDuoPixelカメラテクノロジーによって2400万画素相当の高解像度撮影ができる。

 もう一方のワイドカメラは画角120°の広角レンズを搭載。撮影対象エリアがメインカメラの約2倍に広がり、大人数での集合写真や背景を大きく映しこんだセルフィーが楽しめる。二つのカメラは画面内のUIからワンタッチで切り替えることができ、スマホを構えた状態でも楽にスイッチ可能だ。
 
201712261152_4.jpg
画面内のUIからワンタッチでレンズのスイッチが可能

[次のページ]

  • 1
  • 2

次へ