ジャストシステムは12月5日、都内で会見を開き、ワープロソフト「一太郎2018」を2018年2月9日に、日本語入力システムの「ATOK」最新版を18年2月1日に発売すると発表した。「ATOK」の提供方法については、従来のパッケージ提供を終了し、サブスクリプションモデルで展開している「ATOK Passport」からの提供に一本化する。

201712051451_2.jpg
発表された「一太郎2018」と「ATOK Passport」

 「一太郎2018」は手軽に小冊子を作製できる「折り本印刷」機能や、小説特有の文章作法に準拠して自動的にキーの移動やスペースを削除する「入力アシスト」機能が強化されている。税別の実勢価格は「一太郎2018」が2万円、「一太郎2018 プレミアム」が2万5000円、「一太郎2018 スーパープレミアム」が3万8000円の見込み。

 「ATOK Passport」は、WindowsやMac、Android搭載デバイス10台までで、常に最新の「ATOK」を利用できるサービス。18年2月1日にプログラムを更新する新しい「ATOK」には、ディープラーニングを採用した「ATOK ディープコレクト」機能を搭載し、前バージョンの「ATOK」より誤変換を30%削減、入力ミスの修復率を35%向上した。(BCNメディア編成部)