アバーメディア・テクノロジーズは12月1日、ゲーミングサウンドバー「SONICBLAST(ソニックブラスト) GS331」「SONICBLAST GS333」と専用サブウーファー「SONICBLAST GS335」を発売した。価格はいずれもオープン。

201712011140_1.jpg
「SONICBLAST GS331」(左)と、2.1ch対応の「SONICBLAST GS333」

 「SONICBLAST」シリーズは、豊かな高音域と迫力ある重低音を再生する、ゲームプレイ時に最適なコンパクトなバータイプのスピーカー。「ゲーム」「映画」「音楽」の3種類のEQモードを備え、ソースに合わせた音質で再生できる。また、Bluetoothに対応し、スマートフォンの音楽も手軽に再生できる。

 4基のフルレンジドライバ、2基のパッシブラジエーターを搭載する「SONICBLAST GS331」は最大出力40W。税別の実勢価格は1万5300円前後。

 2.1ch対応の「SONICBLAST GS333」は、4基のフルレンジドライバに加え、本体下部にサブウーファーを内蔵する。最大出力は60W。税別の実勢価格は1万8330円前後。
 
201712011140_2.jpg
SONICBLAST GS335

 「SONICBLAST GS335」は、最大出力70Wの「SONICBLAST」シリーズ専用サブウーファー。「SONICBLAST GS331/GS333」とは、5.1GHzの無線で接続するため、設置場所を選ばない。本体には、簡単に音量調整が可能なツマミを備える。税別の実勢価格は8690円前後。