シャープは、業界初の天井に設置できるLEDシーリングライト一体型プラズマクラスター空気清浄機「天井空清 FP-AT3」を2018年1月20日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は9万円前後の見込み。


FP-AT3

 空気中に浮遊するウイルスの作用を抑制し、リビングの空気環境を快適に保つ「高濃度プラズマクラスター25000」を搭載。0.3μmの微小な粒子を99.97%以上集じんする「静電HEPA・脱臭一体型フィルター」を備え、細かなホコリやニオイをしっかりキャッチする。プレフィルターには「抗菌・抗カビホコリブロックプレフィルター」を採用し、ホコリの内部への侵入を防ぐ。

 また、シーリングライト一体型ならではの機能として、本体上面の「きれいモニター」で部屋の空気の汚れ具合を光の色(青/橙/赤)と状態(点灯/点滅/早い点滅)で知らせる。

 シーリングライトとしては、独自の「さくら色LED」照明をはじめ、シーンに合わせてあかりが選べる調光・調色機能や、トンボの羽根形状を応用した独自のネイチャーテクノロジーによって静音性を追求した送風ファンなどを搭載する。

 一般的な照明用配線器具なら、そのまま取り付け可能。空気清浄機とLED照明を同時に使用しても消費電力は最大75Wに抑えた。プラズマクラスター適用床面積の目安は約12畳、空気清浄適用床面積の目安は14畳まで、LED照明適用畳数は12畳まで。