三菱地所レジデンスとフルタイムシステムは、業界で初めて、ICカードを利用したマンションの各住戸専用の「各住宅玄関前宅配ボックス」の共同開発に着手すると発表した。まずは2018年1月に着工予定の新築分譲マンション(東京都文京区)に導入する予定。


共同開発中の「各住宅玄関前宅配ボックス」の利用イメージ

 共用エントランス付近に設置している、従来の宅配ボックスに加えて、各住戸の玄関前にも専用の宅配ボックスを設置することで、住戸数に対する宅配ボックスの設置率は100%以上となり、宅配ボックスが満杯のため再配達になってしまう、重い荷物を宅配ボックスから自宅まで運ぶのが大変といった、入居者の宅配ボックスに対する悩みを解消する。

 ボックスは幅50×高さ136×奥行き60cmで、飲料水の段ボールや精米、ゴルフバッグなどの大きな宅配物も収納可能。フルタイムシステムが提携した宅配業者・食配サービス提供会社は、大容量のボックスが満杯になるまで、複数の荷物を格納できる。
 

各住宅玄関前宅配ボックスの外寸サイズ

 今後も、両社は、「より快適・便利な住生活の提供」と「再配達増加の緩和」を目指し、クリーニングの集荷・受け取りサービスなど、各住戸玄関前宅配ボックスを活用したさまざまなサービスの拡大を図っていく。