任天堂の公式オンラインストア「マイニンテンドーストア」は、8月22日から、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の10月以降発送分の予約受付を開始する。1日の予約可能台数には限りがあるが、予約は8月22日以降も継続して受け付ける。

201708220956_2.jpg
「Nintendo Switch Customize」の告知

 「マイニンテンドーストア」では、「Nintendo Switch Customize」として、Nintendo Switch本体の「Joy-Con」(6色)と「Joy-Conストラップ」(7色)の色を自由に組み合わせて購入できる。8月22日の注文分は10月1日に届く予定で、注文後のキャンセルやカラーの変更などは受け付けない。支払方法はクレジットカードのみ。税込価格は3万2378円。

 なお、予約受付期間中は、通常販売は行わない予定。予約受付は今後も継続するが、「8月22日以降、次の予約受付日はまだ不明確」とコメントしている。

 Nintendo Switchは今年3月3日の発売以来、断続的に品薄状態が続き、中古品の値段も高騰し、定価に近い値段での入手は困難な状況が続いている。通常価格で購入するには、早朝から行列に並んで抽選に参加し、当選する必要があったり、当日に販売するかわからない店舗に念のため並んだりする必要がある。オンライン予約も、インターネット回線が混雑し、接続すらできないこともある。

 8月25日にカプコンの「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」、9月22日にポケモンの「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX」、10月27日には「スーパーマリオ オデッセイ」など、続々と注目のNintendo Switch用ソフトが発売予定。勢いはしばらく衰えそうにない。

 こうした状況を受け、任天堂は6月22日、Webサイトのサポートページに、品薄状態に関するお詫びを載せ、7月、8月は6月より出荷量を増やし、秋以降に生産体制をさらに強化すると発表していた。今回の施策は生産体制の強化を前提にしたものであり、入手時期こそ遠くなるものの、確実に通常価格で手に入る方法といえるだろう。