三菱電機は、働く単身女性をターゲットに、女性社員チームが中心となって開発した3ドア冷蔵庫「MR-CX27C」を10月20日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は14万円前後の見込み。

201708161439_1.jpg
2色のカラーを揃えるMR-CX27C

 使いやすい収納と毎日の調理をサポートする機能を搭載。具体的には、冷蔵室の棚は500ml/350ml缶や、作り置きした料理を鍋ごと保存できる高さを確保し、扉にはドレッシングや調味料を取り出しやすい専用コーナーを設置。200Lクラスでは業界で初めて、氷点下でも食品を凍らせずに肉や魚を生のまま長く保存できる「氷点下ストッカー」を搭載する。

 野菜室は使いやすい真ん中の位置で、冷凍室には同社の200Lクラスでは初めて自動製氷機能を装備。高効率インバーター圧縮機を採用するなど、基本性能である省エネ性、断熱性能も改善した。
 
201708161439_2.jpg
取り出しやすいドアポケット部分

 冷蔵室の扉は下からだけでなく、側面からも手が掛けられ、開け閉めしやすい「フリーアクセスデザイン」。カラーは、マット調のジュエリーホワイト(MR-CX27C-W)とグロッシーブラウン(MR-CX27C-BR)の2色。ジュエリーホワイトの扉のハンドル部分には、キッチンに映えるピンクゴールド色を採用し、アクセントをつけた。

 同社の調査によると、221~300Lクラスの購入層は30代~40代が多く、家族構成としては、夫婦や夫婦と子よりも単身者が多い。また、30代~40代の単身者は、他の年代に比べて機能やデザインを重視する傾向があるとわかったため、女性社員で構成したチームを中心に、使いやすさとデザイン性を重視した新製品を開発した。