カドーは、家電ブランド「cado(カドー)」から、モバイル型の「カドー加湿器 MH-C11U」と、森の香りブレンドのオリジナル芳香蒸留水「ForestWater」を11月20日に発売した。

201611241127_3.jpg
カドー加湿器 MH-C11U

 「MH-C11U」は、従来の加湿機能と、除菌・消臭剤「ピーズガード」による除菌消臭機能に加えて、芳香蒸留水「ForestWater」と組み合わせることでアロマディフューザーとしても使えるバッテリ内蔵型モバイル加湿器。

 「弱」「強」「連続」の三つの運転モードを備えており、ボタンを押すことで「弱」→「強」→「連続」から3分後に「強」→スタンバイ→「弱」と切り替えられる。また、ボタンを長押しすればバッテリ残量を確認できる。

 サイズは直径65×高さ211mmで、重さは450g。カラーは、シルバー、ゴールド、ブラックの3色。税別価格は1万8500円。
 
201611241127_4.jpg
ForestWater

 「ForestWater」は、大分で林業を営む久恒山林から生まれた、森と人とのライフスタイル提案ブランド「六月八日」の森の香りをブレンドした、オリジナルの芳香蒸留水。植物の水溶性の芳香成分と、抗菌作用を持つ精油成分を含んだ自然な香りで、芳香・消臭効果に優れる。

 香り成分は、早朝の森の中で深呼吸をするような、さわやかな木々を感じる香り「DeepWoods」と、森の中の小さな花を感じるような、華やかなグリーンの香り「TinyFlower」の2種類。容量は400mLで、税別価格は3880円。