ワコム、スマートノートパッドの新製品、薄型タイプを追加

新製品

2016/09/01 17:13

 ワコムは9月1日、書いたメモを簡単にデジタル化できるスマートノートパッドの新製品「Bamboo Slate」「Bamboo Folio」を10月下旬以降に発売すると発表した。ユーザーのニーズに応え、持ち運びに便利な薄型タイプを新たに追加する。


「Bamboo Folio」(上)と「Bamboo Slate」

 Bambooは、パッドにセットした紙に書いた文字や絵を、Bluetooth経由でスマートフォンなどに転送できるデジアナ文具。付属のスマートペンの筆圧と位置情報をパッド上で感知する仕組みだ。データは本体に保存できるほか、オンラインストレージでも管理できる。
 

手書きのメモをデジタル化できる

 名刺や書類を入れるポケットがついたカバー付きの「Folio」は、従来機種と同じA4サイズ。クリップボードのような形状で薄型の「Slate」は、A5サイズの「small」とA4サイズの「large」の2サイズをラインアップする。
 

筆圧の違いもしっかり感知する

 どちらも、パッドに設置できる紙の厚さを従来機種の5ミリ以下から8ミリ以下に拡大し、エクスポート形式で新たにPNGを選べるようになったほか、アプリの機能に、書いたメモをリアルタイムに表示するライブモードを追加した。
 

書きながらリアルタイムで表示するライブモードの実演

 従来機種からの仕様変更では、側面にあって分かりにくかった電源ボタンをなくし、本体のマルチファンクションボタン1つで簡単に操作できるようにした。スマートペンは、材質をアルミからマット仕上げに変え、なくしやすいキャップを廃止。持ちやすいように、形状も丸型から三角型にした。対応機種は、iOS/Android搭載した端末。バッテリの駆動時間は8時間。
 

電源のオンオフやペアリングができるマルチファンクションボタン
 

新型(左)と旧型のスマートペンの比較
 

断面の形状を変えたことで、長時間使っても疲れにくくなった

 ワコムストア参考価格は、税別で「Bamboo Slate, Small(A5サイズ)」が1万5000円、「Bamboo Slate, Large(A4サイズ)」が1万8000円、「Bamboo Folio, Large(A4サイズ)」が2万3000円。

オススメの記事