博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom(モノム)」は、自主開発プロダクトの第3弾として、ぬいぐるみ用のボタン型おしゃべりスピーカー「Pechat(ペチャット)」を開発した。

201604191017_1.jpg
ぬいぐるみにつけて、ぬいぐるみにおしゃべりをさせる

 「Pechat」は、monomと博報堂DYグループの博報堂アイ・スタジオのデジタルクリエイティブラボ「HACKist(ハックイスト)」が共同で 開発したボタン型おしゃべりスピーカー。「Pechat」をぬいぐるみに取り付け、専用のスマホアプリを操作することで、ぬいぐるみがあたかもしゃべって いるように感じさせることができる。
 

201604191017_2.jpg
ボタン型おしゃべりスピーカー「Pechat」

 おしゃべりの方法は四つあり、ユーザーが吹き込んだ声をかわいい声に変換してしゃべらせる「声でおしゃべり(Voice Chat)」、打ち込んだテキ ストを、高品質音声合成エンジンによってかわいく読み上げる「文字でおしゃべり(Text Chat)」、あらかじめ録音しておいたセリフや歌、物語などを選んで再生する「選んでおしゃべり(Tap Chat)」、子どもが話す声に反応して、自動であいづちやおうむ返しをする「自動でおしゃべり(Auto Chat)」がある。
 

201604191017_3.jpg
お気に入りのぬいぐるみに着けられる

 「Pechat」は育児をアシストするためのコミュニケーションツールとして開発された。「Pechat」を通して、子どもと内緒話をしたり、一緒に歌をうたったり、お昼寝を促したり、物語を聞かせたりと、さまざまな使い方ができる。
 

 なお、3月13日からアメリカ・テキサスで開催しているテクノロジー・スタートアップのイベント、「サウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)2016」のトレードショーの博報堂ブースで「Pechat」の展示、デモンストレーションを実施している。