富士フイルムは、デジタルカメラ「Xシリーズ」のフラッグシップモデルとして、ミラーレスタイプの「FUJIFILM X-Pro2」を2月18日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は20万円前後の見込み。


「Xシリーズ」のフラッグシップモデル「X-Pro2」

 新開発のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS III」センサーを搭載。有効画素数は2430万画素で、ローパスフィルターレスにより、「Xシリーズ」最高の解像力を発揮する。「X-T1」や「X- T10」と同様、画像処理エンジンは「X-Processor Pro」を採用し、書き込み速度や起動速度など、あらゆるレスポンスを向上した。

 光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)をレバー操作で瞬時に切り替えられる「ハイブリッドビューファインダー」システムを搭 載。装着したレンズの焦点距離に応じてOVFの倍率を自動で変える「マルチマグニフィケーション」機能、OVFの右下隅に小型EVFを表示する「エレクト ロニックレンジファインダー」機能を搭載し、利便性がより向上した。

 最高速1/8000 秒、最速フラッシュ同調速度1/250秒を達成した新型フォーカルプレーンシャッターを搭載。高速シャッター搭載により、動きの速い被写体の撮影や、晴天下や日中シンクロ撮影時にも大口径レンズ特有のボケ味を活かした撮影ができる。

 高強度のマグネシウム合金製のボディ各部に、61カ所のシーリングを施し、防塵・防滴・-10℃の耐低温性能を実現した。「Xシリーズ」で初めてSDカードを2枚挿入できる「デュアルカードスロット」を採用する。

 液晶モニタは3.0型TFTカラー液晶を採用。本体サイズは幅140.5×高さ82.8×奥行き45.9mm、バッテリ、メモリカードを含む重さは約495g。