DMM.comは10月29日、ロボットキャリア事業DMM.make ROBOTSの一つして、卓上ロボットアイドル「プリメイド AI」の予約受付を開始、11月下旬から順次発売する。ラインアップと税別価格は「ベースモデル」が13万8000円、カスタムモデルの「ゆかり」と「マ リ」が14万5000円。


アイドリングのメンバーが紹介する卓上ロボットアイドル「プリメイド AI」。
左から「マリ」「ベースモデル」「ゆかり」

 「プリメイド AI」は、ユーザーがプログラミングすることで好きなようにダンスさせることができる「卓上ロボットアイドル」で、身長は46.5cmで体重は 1.9kg。25のモーター内蔵の関節を備え、満充電でおよそ10分間動作する。対応OSはAndroid 4.4以降。開発・製造をロボットゆうえんちが、販売・プロモーションなどをDMM.make ROBOTSが担当する。
 


エンターテインメントとロボットを組み合わせた分野で可能性を創り出していきたいと語る、
DMM.comのロボット事業部鈴木僚 プロダクトマネージャー

 DMM.comのロボット事業部鈴木僚 プロダクトマネージャーは「自宅に劇場を作りたい、自分だけのために本格ダンスをしてほしいといった開発者の思いから誕生した。多くのクリエイターとコラ ボしながらエンターテインメントとロボットを組み合わせた分野で可能性を創り出していきたい」と抱負を語った。

 主な施策として「アイドル・アニメコンテンツや声優とのタイアップ」「イベントコンパニオンとしての利用サポート」「クリエイター奨励プログラム」「海外展開」の四つを推進する。
 


画期的で超安いと語る、ロボットゆうえんちの岡本正行 代表

 開発・製造を担当するロボットゆうえんちの岡本正行 代表は「現在ロボットの販売は組み立てキットが一般的。調整済みの完成品は珍しい。ロボット関係者の間ではモーター1個1万円と言われているが、25個の 関節・モータが入って13万8000円は超安い。いろんな機能を搭載しどんどん進化する。あなただけのロボットに育ててほしい」と語った。また「人間より 圧倒的に少ない関節でなめらかな動きに見せることができるが、今日披露した発表会のためのダンスを踊らせるのに、普通ならプログラミングで3週間ほどかか る。今回は頑張って3日で作った」と裏話も披露した。
 


10月いっぱいで全員卒業が決まっている
「アイドリング!!!」とコラボダンスを披露する「プリメイド AI」の「ベースモデル」

 発表会の最後に、10月いっぱいで全員卒業が決まっている「アイドリング!!!」と「プリメイド AI」が一緒に踊るパフォーマンスを披露。そのほか、アイドルグループ「Cupitron」「アキシブproject」とも一緒にダンスパフォーマンスを披露した。
 


「プリメイド AI」を手に「アイドリング!!!」「Cupitron」「アキシブproject」で記念撮影