DDSは10月27日、世界初のウェアラブル指紋認証機器「magatama(マガタマ)」を発表した。ID・パスワードに変わる新しい本人認証を実現 するもので、直径31mmのモジュールに指を当て端末などにかざすだけで決済や解錠などができる。カードや鍵の代わりとして普及させることを狙う。スマー トフォン(スマホ)に専用アプリをインストールしBluetooth接続することで利用でき、11月にもサンプル出荷開始する。


フォルダーに入れたmagatama。円形のモジュールを取り外し、他のフォルダーに付け替えることもできる。中央の四角い指紋センサーに指を当てて認証する

 モジュールはボタン電池で1年間動作し、様々なデザインのフォルダーに取り付け常に持ち歩いて利用する。FeliCaとNFCを搭載するため、あらかじ め登録した指をmagatamaに当てて認証した後に、決済端末にかざすことで決済することもできる。モジュールはスマホと指紋情報と認証結果をやりとり するだけで、指紋のパターンデータ自体はスマホが持っているため、モジュールを落としても不正利用される恐れはない。

 同社では、magatama本体やスマホアプリを販売・配布するほか、独自に設置したmagatamaサーバーで認証を行い、パスワードレスでWeb サービスなどを利用できる環境も提供する。FIODと呼ばれる標準規格でスマホとサーバー間でやりとりをするため、サーバーに指紋情報を持つ必要がないた め、広く普及することが期待されている。
 


さわってかざすだけのmagatamaでパスワードをなくしたいと語る、DDS
三吉野健滋 代表取締役社長

 製品発表で三吉野健滋 代表取締役社長は「当社初の世界を目指す製品。現在のIDとパスワードでの個人認証は限界に来ている。しかし、銀行などの生体認証は互換性がなくほとんど 普及していないのが現状。そこで、ウェアラブルでさわってかざすだけの超簡単なmagatamaの出番。サーバーではなくスマホに指紋のパターンデータを 持ち、自己責任で認証データを管理することで、普及も容易。すでに上場企業10社以上からの引き合いがあり、年間10-100万個の単位での販売を見込ん でいる」と語った。