XYZプリンティングジャパンは、さまざまなものを手軽にスキャン可能なコンパクトなハンディタイプの3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」を11月10日に発売する。税込価格は2万2800円。

201604271725_1.jpg
XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー

 インテルRealSenseテクノロジーを採用したUSB3.0接続のハンドヘルド3Dスキャナ。本体は軽量で、持ち運びやすい。専用のスキャンソフト 「XYZscan」が付属し、スキャンしたデータは業界標準のSTLおよびOBJ形式で保存可能なので、さまざまなソフトで利用できる。スキャンサイズ は、「オブジェクトモード」が5×5×5~60×60×30cm、「ヘッドモード」が5×5×5~40×25×40cm。対応OSはWindows 8.1以降。

 「3Dスキャナーパック」として、同社の3Dプリンタとのセット販売も行う。ラインアップは「ダヴィンチ 1.0A スキャナーパック」「ダヴィンチ 2.0A Duo スキャナーパック」「ダヴィンチ 1.1 Plus スキャナーパック」「ダヴィンチ Jr. 1.0 スキャナーパック」。

 税込価格は、「ダヴィンチ 1.0A スキャナーパック」が8万4800円、「ダヴィンチ 2.0A Duo スキャナーパック」が10万4800円、「ダヴィンチ 1.1 Plus スキャナーパック」が13万4800円、「ダヴィンチ Jr. 1.0 スキャナーパック」が6万4800円。