ソニーモバイルコミュニケーションズは、スマートフォンやタブレットと組み合わせることで、さまざまなライフログを活用できるリストバンド型のスマート ウェア「SmartBand 2 SWR12」を10月17日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万5000円前後の見込み。

 
201607051936_2.jpg
SmartBand 2 SWR12

 従来の加速度センサを利用した歩数や睡眠情報、消費カロリーなどの記録に加えて、新たに心拍センサを搭載した。心拍センサによって、計測した心拍数やス トレスレベルを時系列でグラフ化するとともに、加速度センサが判別した歩行・電車などでの移動や睡眠など、その時点での活動内容と合わせて表示すること で、活動内容と心拍数の関係性や、ストレスレベルが高まる活動などを認識でき、よりバランスの取れたライフスタイルの実現を支援する。

 Android搭載端末だけでなくiOS搭載端末にも対応し、Bluetooth接続したスマートフォンを呼び出す「電話検索機能」を新たに備える。ま た、本体の状態を示すLEDライトを、従来のホワイト単色からRGB(赤緑青)の3色に変更し、使用中のモードやバッテリ残量の低下などを、よりわかりや すくした。

 バッテリ駆動時間は、心拍センサ・オン時が約2日、心拍センサ・オフ時が約5日、心拍センサ常時使用時が約10時間。対応OSはAndroid 4.4以降、iOS 8.2以降(iPadには非対応)。サイズは幅40.6×高さ9.5×奥行き15.3mmで、リストバンド長は250.0mm、重さは約19g。カラー は、ブラック、ホワイトの2色。