ソフトバンク、au(KDDI)、NTTドコモは9月10日、アップルの最新のスマートフォン「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を9月25日に発売すると発表した。9月12日の16時01分より各ケータイショップで予約受付を開始する。


 

 「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」は最新OS、iOS 9を搭載。次世代のマルチタッチである「3Dタッチ(感圧タッチセンサー)」を備え、タップ、スワイプ、ピンチといった従来のジェスチャーに加え、深く押し込むことで新しい操作ができる。 

 CPUはA9チップを搭載し、これまでに比べてタスク処理が70%早く、GPUは90%高速化した。モーションチップもM9にアップグレードした。 

 背面カメラは、これまでの8メガピクセルから12メガピクセルへ、フロントカメラは1.2メガピクセルから5メガピクセルへとグレードアップ。セルフィー(自撮り)向けに、ディスプレイを光らせるRetina Flashを実現した。 

 ディスプレイのサイズと解像度は「iPhone 6/6 Plus」と変わらず、「iPhone 6s」は1334×750ピクセル(326ppi)の4.7インチ、「iPhone 6s Plus」は1920×1080ピクセル(401ppi)の5.5インチのディスプレイを搭載している。 

 カラーは「iPhone 6s/6s Plus」ともに新色のローズゴールドを追加し、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色。容量は16GB、64GB、128GBの3タイプを用意する。