【台北発】6月2日、台湾・台北でコンピュータ関連の国際見本市COMPUTEX Taipei 2015が開幕した。まずはそこからスマートフォン、タブレット端末に関する情報をお伝えしよう。

5.5インチ液晶を搭載した「ZenFone Selfie」

ASUSが新作スマホ・タブレットを発表



 No.1トピックは、開催前日の1日に行われたASUSの発表会。新スマートフォン「ZenFone Selfie」が発表されたことだ。世界的なブームになっている「自撮り」の画像を、より高画質にするため、フロントカメラに1300万画素の高画素数センサーを搭載したのが最大の特徴。カメラを起動し、フロントカメラに切り替えると、美人エフェクトモードとなり、よりきれいに自撮りできる仕様だ。

背面カバーはポップなカラーリングを採用

1300万画素のフロントカメラに加えて、両サイドにフラッシュも搭載

 フロントカメラ以外の基本的な仕様は日本でも販売がスタートしたばかりのハイエンドスマートフォン「ZenFone 2」とは異なり、CPUにクアルコムのSnapdagon 615を搭載。ボディサイズはW77.2×H156.5×D10.8㎜、5.5インチ(1920×1080ドット)IPS液晶を採用した。内蔵メモリは2GBと3GBを用意。ストレージは16GBと32GB。発売日や価格についてのアナウンスはなかったが、日本での発売が期待されそうだ。

アスペクト比4:3の8インチ液晶を採用する「ZenPad S 8.0」。7、8インチには専用のスピーカー内蔵カバーも用意。エントリー向けの「ZenPad 8.0」もある

 さらに発表会では7インチ、8インチ、10インチのタブレット端末も発表。タブレット端末に初めて「Zen」の名前がつけられた。なかでも注目の「ZenPad S 8.0」は8インチで2048×1536ドット表示に対応するフラグシップモデル。4GBのメモリを搭載し、USB 3.0 Type-Cコネクタを採用するのも特徴だ。

こちらはより携帯性の高い「ZenPad 7.0」。液晶解像度は1280×800ドットでよりエントリー向けの印象だ

唯一キーボードドックを用意しノートPCのように使える「「ZenPad 10.1」。これも1280×800ドット液晶を採用している。

エイサーはゲーミングタブレットを公開、Windows Phoneは



 ASUS以外で気になったのが、エイサーのブースに展示されていたゲーミングタブレット「Acer Predator 8」だ。残念ながらガラスケースの中に納められており触れることはできなかったが、画面にはムービーが流れており、実際に動作する筐体のようだった。本体正面の四隅にスピーカーが配置されており、タブレット端末では犠牲になりがちなサウンド面に期待できそうだ。Intelプロセッサ「Atom X」が搭載されるとのことだが、残念ながら詳細なスペックなどは開示されていない。

ゲーミングタブレット「Acer Predator 8」。日本市場での発売なども含めて未定だ

 今回残念だったのは、新作Windows Phoneにほとんど出会えなかったことだ。MicrosoftのブースにはWindows Phoneが展示され、すでに発表されているマウスコンピューターの「MADOSMA」も並んでいた。しかし、展示されているWindows PhoneはWindows 8.1 updateの状態。Windows 10 Mobileを搭載した新作Windows Phoneを見ることはできなかった。また、6月3日に開催された、Microsoftフォーラムでも特段の新しい情報などはなく、これらは7月29日のWindows 10発売以降になりそうだ。

Lumiaシリーズなどを中心に世界市場で発売されているWindows Phoneが並ぶ。

マウスコンピューターの「MADOSMA」も並んでいた。