リコーイメージングは、現在開発中のデジタル一眼レフカメラと、デジタル一眼レフカメラ用交換レンズ3機種を、米ラスベガスで開催中の「2015 International CES」で参考出品した。


参考出品のデジタル一眼レフカメラ

 参考出品したデジタル一眼レフカメラは、23.5×15.6mmのAPS-CサイズのCMOSセンサを搭載。製品名や価格は未定で、今年春頃の発売を予定する。

参考出品の大口径望遠ズームレンズ(左)と超望遠ズームレンズ

 デジタル一眼レフカメラ用の交換レンズは、標準ズームレンズ、大口径望遠ズームレンズ、超望遠ズームレンズの3機種で、いずれもKマウント。

 標準ズームレンズは、焦点距離18~50mmでコンパクトに収納することができる沈胴機構を採用。製品名や価格は未定で、春頃の発売を予定している。

 大口径望遠ズームレンズと超望遠ズームレンズは、製品名や製品仕様、価格、発売時期いずれも未定。