2014年1月12~18日の7日間にアクセスが多かった当サイトの記事とランキングページをご紹介します。まずは記事のトップ5から。

記事別アクセス数 トップ5
1位 「BCN AWARD 2014」の受賞社が決定、PC・デジタル家電の2013年No.1メーカーを発表(2014/1/10掲載)
2位 2013年、売れたデジタル一眼カメラは? 年間販売台数は過去3年間で最大に(2013/2/27掲載)
3位 <1クリック投票結果>意外な結果!? 一番気になるタブレットはSurface(2014/1/7掲載)
4位 ワイヤレスリア接続で5.1chを実現! すっきり置けるソニー「BDV-N1WL」(2013/9/30掲載)
5位 2014年の液晶ディスプレイ市場 ポイントは25インチ以上の高解像度モデル(2014/1/15掲載)

1位は、<「BCN AWARD 2014」の受賞社が決定、PC・デジタル家電の2013年No.1メーカーを発表>でした。この記事では、「BCN AWARD 2014」の受賞企業一覧に加え、AWARDの部門として設定していないパソコン全体(ノートPC、デスクトップPC、タブレット端末の合計)、デジタルカメラ全体(レンズ一体型、レンズ交換型の合計)のメーカー別販売台数シェアも紹介しています。

注目のジャンルは、液晶ディスプレイ。デスクトップPC、BDレコーダーなどのAV機器、据置型ゲーム機はもちろん、HDMI端子やMHL(Mobile High-definition Link)端子でAndroid搭載スマートフォン・タブレット端末などを接続することもでき、さまざまなニーズに対応します。5位の<2014年の液晶ディスプレイ市場 ポイントは25インチ以上の高解像度モデル>では、昨年の販売データをもとに、次のトレンドを予測しました。作業効率の向上や高画質を求めて、さらに大画面化・高解像度化が進みそうです。

続いて、ランキングページのアクセス数のトップ5。

・1位 携帯電話
・2位 ノートPC
・3位 デジタル一眼カメラ
・4位 タブレット端末
・5位 コンパクトデジタルカメラ


今回も「携帯電話」が1位でした。2014年1月第2週(1月13~19日)の携帯電話の機種別ランキングは、auの「iPhone 5s」の16GBモデルが1位を獲得。学生とその家族を対象とした各社の学割キャンペーンも始まっています。今年の学割は、これまで以上に「家族みんな」でのオトク感が現れています。