マクセルスマートコミュニケーションズは、12月12日、高倍率撮影ができる肌レンズ「Memoret(ミモレ)」を使って、簡単に肌チェックができるスマートフォン向けアプリケーション「Hada more(肌モア)」の提供を開始した。対応OSはiOS/Android。肌レンズ「Memoret」は、Amazonで1万円前後で販売する。

「Memoret」と「Hada more」

肌レンズ「Memoret」と「Hada more」

 「Memoret」は、スマートフォンに装着して肌のキメ、シミを高画質で撮影する肌レンズ。肌撮影用に最適化した5灯のLEDを備え、自動で「キメモード」「シミモード」を切り替えて2種類の写真を撮影する。

 携帯しやすいようにアルカリボタン電池式のコンパクト設計にしたほか、しなやかで美しいデザインを採用。スマートフォンへは、専用のフックで簡単に着脱できる。

 「Memoret」で撮影した肌画像は、サーバーに送信して肌診断を受けることができる。専門医監修による独自のアルゴリズムで肌画像を解析し、キメ、透明度、シミ、美白度、毛穴、微しわの六つの項目を数値で表示する。また、肌の状態に応じてアドバイスも提供する。

 さっそく、肌チェックをしてみた。まず、スマートフォンのレンズ部分にレンズを固定しやすくするリングシールを貼る。「Memoret」と付属のフックで、スマートフォンを挟み込むように固定したら準備は完了だ。

「Memoret」を装着

リングシールを貼って「Memoret」を装着

 専用アプリ「Hada more」を立ち上げて、「Memoret」のレンズ部分にある電源ボタンを長押ししてLEDを点灯させたら肌に当て、スマートフォンの画面をタップする。一度のタップで、「キメモード」と「シミモード」の2画像を撮影する。

「キメモード」「シミモード」の2枚の写真を撮影する

「キメモード」「シミモード」の2枚の写真を撮影する

 正しく肌の状態を測定するには、メイクを落とした状態、洗顔をした直後が最適だというが、今回は仕事中のことなのでメイクをしたままの状態で撮影した。撮影した写真を送信ボタンを押してサーバーに転送したら、あとは診断結果を待つだけだ。

 しばらくして診断結果が届いた。結果は、六角形のレーダーチャートでまとめてある。各項目の数値が高ければ高いほど、肌の状態がいいということだ。まだ総合点数も表示されるので、ひと目で結果がわかる。また、アドバイスページでは、スキンケアのアドバイスや食事、睡眠など、生活のアドバイスを読むことができる。肝心の結果は……マル秘ということでお願いします。

診断結果