キンコーズ・ジャパンは、9月17日、3DCADや3DCGデータから立体を造形する「3Dプリント」と、3Dデータを持っていなくても利用できる「3Dフォトレリーフ」で構成する「3Dプリンティング」サービスの提供を開始した。

3Dフォトレリーフ(カラータイプ)

3Dフォトレリーフ(カラータイプ)

 「3Dプリント」は、3DCADや3DCGデータから造形。高品質なプラスチックで造形する「樹脂タイプ」と、カラーの立体造形ができる「石膏タイプ」がある。パーツの試作、建築模型やフィギュアなどの造形に対応し、機能テストや形状確認、プロモーションツール、製品サンプルなど、さまざまな用途に使用できる。

 「樹脂タイプ」は、品質重視で造形するときやスピードを優先するときなど、ユーザーの希望や用途に合わせて積層ピッチを16/29/32ミクロンの3モードから選択できる。

3Dフォトレリーフ(透光タイプ)

3Dフォトレリーフ(透光タイプ)

 「3Dフォトレリーフ」は、3Dデータや知識がなくても、デジタルカメラで撮影したデータを入稿するだけで手軽に製作できる。ペットや子どもの顔を立体的に仕上げる「カラータイプ」と、裏側から照明を当てると陰影が浮かび上がる「透光タイプ」を用意し、子どもの成長記録やペットの思い出などの用途に適している。

 サイズは、ハガキサイズ(100×148mm)、2Lサイズ(127×178mm)、A4サイズ(210×297mm)の3種類。オンラインだけでなく、東京・横浜エリアの店舗でも受け付ける。