【台北発】6月4日から8日まで、台湾・台北で開催しているPCとPCパーツの展示会「COMPUTEX Taipei 2013」。ASUSTeK Computer(ASUS)は、開幕前日の6月3日にプレスカンファレンスを開催した。ジョニー・シー会長自らが、非常に力のあるプレゼンテーションを行った。

情熱的なプレゼンを披露したジョニー・シー会長

ステージで情熱的なプレゼンを披露したジョニー・シー会長

 「COMPUTEX」の展示ブースでは、OSを二つ搭載したノートPCや高精細液晶を搭載するタブレットなど、話題性のあるモデルが並び、多くのプレス関係者が詰めかけた。

二つのOS、二つのCPUを搭載した「Transformer Book Trio」



 最も注目を集めていたのが、Android搭載タブレットとノートPCのハイブリッドモデル「Transformer Book Trio」だ。ノートPCからキーボードを取り外して使うことができ、ディスプレイ部だけのときはタブレット端末として、キーボードを装着したときはノートOCとして使用できる。

 ディスプレイは、1920×1080ドットの11.6型ワイド液晶。CPUはAtom Z2580で、Android OSを搭載する。バッテリも内蔵する。

液晶ディスプレイ部を取り外すことでAndroidタブレット端末して利用できるように

液晶ディスプレイ部を取り外すことでAndroidタブレット端末して利用できるように

 キーボード部には、インテルの新世代CPUの:Haswell(コードネーム)とWindows 8を搭載。ディスプレイ部にキーボード部を装着すると、Windows 8搭載ノートPCに切り替わる。

通常のモバイルノートとして利用できる

通常のモバイルノートとして利用できる

 OSの切替えは、ディスプレイの脱着のほか、OSの切替えボタンで行う。Windows 8搭載PCとしての基本機能はすべてキーボード部に収納し、ディスプレイを取り外したときに他のディスプレイを接続して利用することもできる。

OSを切り替える専用ボタンを装備

OSを切り替える専用ボタンを装備。ワンタッチで切り替えて利用できる

高精細表示に対応する10.1型タブレット「Transformer Pad」シリーズ



 ディスプレイと脱着式キーボードを備えるタブレットといえば、人気の「Transformer Pad」シリーズだ。今回、「Transformer Pad」シリーズの新モデルとして「Transformer Pad Infinity」を発表した。

 CPUに米NVIDIA社のTegra 4を採用。液晶解像度は2560×1600ドットになり、さらに4Kでの映像出力(HDMI)に対応する。

Transformer Pad Infinity

非常に高画質な映像を映し出す「Transformer Pad Infinity」

キーボードを外してタブレットに

キーボードを外してタブレットに

 さらに、音声通話機能付タブレット「Fonepad」の第二弾として「Fonepad Note FHD6」を発表。CPUにインテルの「Atom Z2560」を採用した6インチのタブレット端末で、1920×1080ドットのフルHDに対応するIPS液晶を採用する。

シリーズ第二弾の「FonePad」

シリーズ第二弾の「FonePad」

スマートフォンと比較するとかなり大きめだが通話にも対応できる

スマートフォンと比較するとかなり大きめだが通話にも対応できる

 このほか、離れた場所からでもタッチ操作と同じ使い方ができるマウス「ASUS VivoMouse」を展示。上部のタッチ部が回転し、Windows 8のマルチタッチ同様の操作ができる。

「VivoMouse」ひょうたんを逆向きにしたようなデザイン

ひょうたんを逆向きにしたようなデザインの「VivoMouse」。空中での操作だけでなく、テーブル上でマウスのように動かすこともできる

 また、アルミデザインを採用したデスクトップPC「ASUS VivoPC」も並んでいた。CPUやストレージは自分で取りつけるベアボーン端末だ。

ASUSの特徴、金属感のあるデザインを採用した小型ベアボーン。型番は不明だが、インテル系CPUが搭載できる

ASUSの特徴、金属感のあるデザインを採用した小型ベアボーン。型番は不明だが、インテル系CPUが搭載できる