KDDIと沖縄セルラーは、9月26日、au携帯電話の2011年秋冬モデルとして、WiMAX対応モデル4機種を含むスマートフォン「IS series」6機種と、au携帯電話3機種、法人向けビジネスタブレット「-TOUGH- ETBW11AA」、データ通信端末「Wi-Fi WALKER DATA08W」の計11機種を、10月上旬以降に順次発売すると発表した。

 スマートフォン「IS series」は、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のWiMAX対応モデル「ARROWS Z ISW11F」、モトローラモビリティ製のWiMAX対応モデル「MOTOROLA PHOTON ISW11M」、約4.0インチの有機ELディスプレイを搭載した京セラ製のWiMAX対応スリムモデル「DIGNO ISW11K」、HTC製のWiMAX・3D対応モデル「HTC EVO 3D ISW12HT」、片手でもスムーズに操作できるNECカシオモバイルコミュニケーションズ製の防水・防塵コンパクトモデル「MEDIAS BR IS11N」、約4.2インチのメインディスプレイの下に、常時表示の約2.1インチのメモリ液晶を搭載したシャープ製の防水スリムモデル「AQUOS PHONE IS13SH」をラインアップする。

スマートフォン6機種のうち4機種がWiMAXに対応する

 OSはすべてAndroid 2.3で、「ARROWS Z ISW11F」「MOTOROLA PHOTON ISW11M」「DIGNO ISW11K」の3機種は、デュアルコアCPUを搭載し、より軽快に動作する。さらにWiMAX対応の4機種は、今年4月に発売した日本初のWiMAX対応スマートフォン「HTC EVO WiMAX ISW11HT」同様、「+WiMAX」に対応し、WiMAX対応エリアでは下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsの高速データ通信ができる。他の無線LAN対応機器を同時に接続できるテザリングにも対応する。「+WiMAX」の月額利用料は525円で、WiMAXを利用した月だけ、基本使用料に加算される。ただし、2011年10月1日から2012年1月利用分までは、月額利用料を無料にするキャンペーンを実施する。

 「ARROWS Z ISW11F」は、約4.3インチ720pHD、1677万色フルカラーの高精細ディスプレイ、高感度・高画素の有効1310万画素のカメラなどを搭載し、IPX5/IPX8等級の防水性能をもつ”全部入り”モデル。カラーは、ファインホワイト、ストリームブルー、ライブピンク、ネオブラックの4色。

ARROWS Z ISW11F(ファインホワイト、ストリームブルー、ライブピンク、ネオブラック)

 京セラ初のスマートフォン「DIGNO ISW11K」と、「MEDIAS BR IS11N」「AQUOS PHONE IS13SH」も、「ARROWS Z ISW11F」と同じく、防水、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信機能を搭載し、国内メーカー製のスマートフォンでは、従来型の携帯電話で人気のあった定番機能をほぼ標準で実装するようになってきた。

DIGNO ISW11K(グラファイトブラック、オリーブグリーン、ブロッサムピンク)

MEDIAS BR IS11N(ブリリアントピンク、シフォンホワイト、ラグーンブルー)

AQUOS PHONE IS13SH(エアリーピンク、シャドーブラック)

 「MOTOROLA PHOTON ISW11M」は、国内初のモトローラ製スマートフォン。有効約800万画素のカメラや大容量バッテリを搭載し、別売の「HDステーション」にドッキングして、大画面のテレビに画面を出力し、ブラウザやゲーム、動画などを楽しめる。

 「HTC EVO 3D ISW12HT」は、約4.3インチの大画面3D液晶、3D撮影が可能なツインカメラを搭載した3D対応モデル。デュアルコアCPUを搭載することで、前機種「HTC EVO WiMAX」に比べ、ブラウザの処理スピードは1.5倍、アプリの起動スピードは2倍にアップした。ホーム画面「HTC Sense」も進化し、使いやすいユーザーインターフェースを実現した。

左から、MOTOROLA PHOTON ISW11M(シャドウブラック)、HTC EVO 3D ISW12HT(ブラック)

別売の「HDステーション」にMOTOROLA PHOTON ISW11Mをセットした状態(右)。「HDステーション」は、USBポートとHDMIポートを搭載し、USB接続のキーボードやマウス、スピーカー、HDMI搭載ディスプレイなどを接続できる

 発売時期は、「HTC EVO 3D ISW12HT」「MOTOROLA PHOTON ISW11M」が10月上旬以降、「ARROWS Z ISW11F」が11月上旬以降、「AQUOS PHONE IS13SH」が11月中旬以降、「DIGNO ISW11K」が12月上旬以降、「MEDIAS BR IS11N」が12月下旬以降の予定。

 データ通信端末「Wi-Fi WALKER DATA08W」は、エリアによってWiMAXと3Gを自動で切り替えるハイブリッド対応モバイルルータ。ワンタッチ設定など、便利な機能を搭載する。発売時期は12月上旬以降の予定。

 au携帯電話は、7色のカラーバリエーションを揃える富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の防水・防塵ケータイ「F001」とソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の防水ケータイ「URBANO AFFARE(アルバーノ アファーレ)」、そして京セラ製の法人向けシンプルケータイ「E10K」をラインアップする。発売時期は、法人向けの「E10K」が10月上旬、個人向けの「F001」「URBANO AFFARE」は10月下旬以降の予定。

左からF001(ラズベリーレッド)、URBANO AFFARE(クラッシーオリーブ)

 同時に、auスマートフォン向けに、11月中旬以降から、写真自動バックアップサービス「au one Photo Air powered by Eye-Fi」、ソーシャルアドレス帳アプリ「jibe」の機能を強化し、アドレス帳を軸としてあらゆるコミュニケーションが利用できるアドレス帳サービス「au one Friends Note」、スマートフォンのセキュリティ対策につながる「安心セキュリティパック」を提供する。また、月額980円で、午前1時から午後9時の間に限り、スマートフォンを含むau携帯電話同士の国内通話が無料になる新しい料金プラン「プランZシンプル」を9月28日に開始する。

→製品発表会の様子はこちら
→新料金プラン「プランZシンプル」の詳細はこちら