NECパーソナルコンピュータは、9月12日、個人向けPC「LaVie」「VALUESTAR」の新製品イメージキャラクターに、タレントの武井咲さんを起用したと発表した。記者会見で、武井さんを招いて新CMを披露し、トークショーを行った。

武井咲さんと「LaVie Touch」を披露する高塚栄執行役員常務

 NECの「LaVie」「VALUESTAR」は、7年ぶりのイメージキャラクター交代。さわやかなイメージで人気の高いタレントの武井咲さんを起用することで、従来からの個人向けPCのコンセプト「安心・簡単・快適」を広くアピールする。

 NECパーソナルコンピュータは、レノボとNECの合弁によって今年7月に発足したNECレノボ・ジャパングループ傘下の新会社。発足後初の「LaVie」「VALUESTAR」の発表で、第5世代となる液晶一体型デスクトップPCは、「VALUESTAR N」シリーズをフルモデルチェンジするとともに、ノートPC「LaVie」では新たにWindows 7を搭載したスレ―トPC「LaVie Touch」を加え、計9タイプ49モデルを投入する。

Windows 7を搭載するタブレット端末「LaVie Touch」

 高塚栄執行役員常務は、「NECのパソコンは今後どうなるのか、という心配の声もいただいたが、今回の新製品発表のほか、来年1月の電話サポート無償化に向けた取り組みなど、順調に進んでいる」と挨拶。「PCは、タブレット端末やスマートフォン、各種デジタル機器のハブと考えている。各製品が三位一体となって連携する利便性を訴求していく」との方針を示した。そのうえで、具体的な連携方法や操作について、動画ナビや電話サポートなどを武器に、「機器の連携は難しい、というイメージを払拭していく」と強調した。

「ブログの更新などにPCを利用している」と武井さん

 新CMの披露後、武井咲さんが登場。日頃から、自身のブログの更新やファンのコメントを見るためにPCを利用しているという武井さんは、「パソコンは身近な存在。私も皆さんにとって身近で存在感のある女優になりたい。NECのパソコンの『安心・簡単・快適プロジェクト』の広報担当としてもがんばります」と抱負を語った。


・スレートPC「LaVie Touch」の詳細はこちら
・デスクトップPC「VALUESTAR」シリーズの詳細はこちら
・ノートPC「LaVie」の詳細はこちら