NTTドコモは、ソニー製のAndroid搭載タブレット端末「Sony Tablet S」「Sony Tablet P」の3G+Wi-Fi対応モデルを、10~11月から販売する。

Sony Tablet S(左)とSony Tablet P

 「Sony Tablet」は、ソニーが開発し、ソニーマーケティングが国内向けに発売するタブレット端末。インターネットやメール、ゲーム、電子書籍など、さまざまなエンタテインメントコンテンツを楽しめる。「Sony Entertainment Network」など、ソニーが提供するさまざまなネットワークサービスにも対応する。

 9.4型の大型ディスプレイを搭載した「Sony Tablet S」シリーズ、5.5型の二つのディスプレイを搭載し、コンパクトに折りたたんで持ち運べる折りたたみ形状の「Sony Tablet P」シリーズ計4モデルのうち、ドコモでは、3G通信とWi-Fi(無線LAN)通信機能を搭載したSシリーズの「SGPT113JP/S」とPシリーズの「SGPT211JP/S」を取り扱う。

 OSは、Android 3.2を搭載。ストレージ容量は「SGPT113JP/S」が16GB、「SGPT211JP/S」は4GB。サイズと重さは、「SGPT113JP/S」が高さ約174.3×幅約241.2×厚さ約10.1mm(最厚部約20.6mm)で約625g、「SGPT211JP/S」が高さ約79.0×幅約180.0×厚さ約26.0mmで約372g。

 2モデルとも、ドコモの3Gネットワーク、spモード、ドコモマーケット(スマートフォン版)、mopera Uを使うことができ、データ通信専用の定額料金プラン、機種に応じた一定額を毎月の利用料金から最大24か月間割り引くサービス「月々サポート」が利用できる。10月中旬以降、全国のドコモショップで事前予約を受け付ける予定。