エプソンは、8月31日、インクジェットプリンタ「カラリオ」シリーズの2011年秋冬モデルを発売するにあたって、製品発表会を開催した。発表会には、カラリオのイメージキャラクターで俳優の役所広司さんが登場。イメージキャラクターを務めて3年目を迎える役所さんを、エプソンが「Colorio名誉宣伝部長」に任命した。

イメージキャラクタの役所広司さん(写真中央)を囲むセイコーエプソンの羽片忠明常務取締役(右)とエプソン販売の平野精一社長(左)

 イメージキャラクターは、役所さんに加えて女優の黒木メイサさんが昨年に引き続いて務める。新しいテレビCMは、「EP-804A/AW/AR」など、カラリオ新製品の多くが発売となる9月15日からオンエア。新製品のキャッチフレーズは、「いたれり、つくせり」で、CMではメイド役に扮した黒木さんが「いたれり、つくせり」気遣う場面もある。

 「Colorio名誉宣伝部長」就任で特大の名刺を受け取った役所さんは、「カラリオの進化には、毎年いつも驚いている。特大名刺に負けないように頑張る。今回の新製品のキャッチフレーズである『いたれり、つくせり』を精一杯伝えていく」と抱負を語った。

特大名刺を贈呈

名誉宣伝部長として抱負を語る役所広司さん

 発表会では、新製品の戦略も説明。セイコーエプソンの羽片忠明常務取締役が独自のインク技術ジェット「マイクロピエゾテクノロジー」の優位性を語ったほか、スマートフォン人気のなかでモバイル端末向けのクラウドサービス強化をアピール。販売に関しては、エプソン販売の平野精一社長が「インクジェットプリンタでシェア51%を獲得する」方針を示した。

トップシェア獲得への意気込みを語るエプソン販売の平野社長

「EP-804A/AW/AR」など新製品の詳細はこちら