ソニーは、カジュアルなデザインのコンパクトなFMステレオ/AMポータブルラジオ「SRF-18」を10月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3500円前後の見込み。

SRF-18

 FMステレオ/AM放送に対応し、「FM/AM切り替えスイッチ」「選局つまみ」で周波数を設定する方式のポータブルラジオ。幅155×高さ80×奥行き34mm、重さ約198gのコンパクトサイズで、側面にストラップホールを備え、市販のストラップを取り付けて持ち運べる。

小型なので手軽に持ち運べる

 カラーは、ホワイト、ピンク、ブラックの3色。ホワイトとブラックの本体正面にはスクエアパターンを、ポップなピンクにはサークルパターンを施し、カジュアルなデザインに仕上げた。ダイヤル目盛りなどの文字フォントもカラーごとにこだわり、ホワイトにはシャープな、ブラックにはダイナミックな、ピンクにはキュートな印象のフォントを採用している。

 音声入力端子を備え、「ウォークマン」などの携帯オーディオプレーヤーやスマートフォンなどと本体を付属ケーブルで接続すると、ステレオスピーカーとして利用できる。さらに音声出力端子から、ラジオ番組をダイレクトエンコーディング対応「ウォークマン」やICレコーダーに録音することもできる。実用最大出力は80mW+80mW。電源は単3形乾電池2本または別売のACアダプタ。