ウェザーニューズは、携帯電話向けサイト「ウェザーニュース」で、家の温度よりも外の気温が下がったらEメールで知らせるサービス「ひらけ!窓メール」の提供を開始した。

外が涼しくなると携帯メールが送られてくる

 全国3000か所に設置する気象観測装置「ソラテナ」の気温データ、500台設置している花粉観測機「ポールンロボ」からの室温データ、サービス利用者のエアコン設定温度を解析し、あらかじめ登録した場所で、家より外が涼しくなった、もしくは涼しくなる可能性があるときに携帯メールが送られてくる。

 外の空気で快適に過ごせるタイミングがわかるので、エアコンを小まめに消すなどの節電につなげることができる。メールの受信時間帯や曜日を自由に設定できるほか、自分の携帯電話以外にも最大30アドレスまで配信することができる。利用には、月額315円の「ウェザーニュース」への会員登録が必要。